マンガン系ペロブスカイト型酸化物触媒を用いた金属-空気電池用ガス拡散型酸素電極に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 林, 政彦 ハヤシ, マサヒコ

書誌事項

タイトル

マンガン系ペロブスカイト型酸化物触媒を用いた金属-空気電池用ガス拡散型酸素電極に関する研究

著者名

林, 政彦

著者別名

ハヤシ, マサヒコ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第5229号

学位授与年月日

2000-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0008.jp2)
  3. 第1節 緒言 / p11 (0008.jp2)
  4. 第2節 金属-空気電池 / p2 (0009.jp2)
  5. 2.1 亜鉛-空気電池 / p5 (0012.jp2)
  6. 第3節 ガス拡散型電極 / p6 (0013.jp2)
  7. 3.1 電極構造 / p6 (0013.jp2)
  8. 3.2 電極材料 / p7 (0014.jp2)
  9. 3.3 ガス拡散型電極の応用 / p10 (0017.jp2)
  10. 第4節 ペロブスカイト型酸化物 / p12 (0019.jp2)
  11. 4.1 構造的特徴及び電気的特性 / p12 (0019.jp2)
  12. 4.2 触媒特性 / p14 (0021.jp2)
  13. 4.3 酸素還元特性 / p15 (0022.jp2)
  14. 4.4 高表面積酸化物調製法 / p17 (0024.jp2)
  15. 第5節 本研究の概要と目的 / p21 (0028.jp2)
  16. 参考文献 / p23 (0030.jp2)
  17. 第2章 Mn系ペロブスカイト型酸化物La₁₋xAxMnO₃(A=Na,K,Rb)の調製と酸素還元特性 / p28 (0036.jp2)
  18. 第1節 緒言 / p28 (0036.jp2)
  19. 第2節 実験方法 / p28 (0036.jp2)
  20. 2.1 ペロブスカイト型酸化物の調製 / p28 (0036.jp2)
  21. 2.2 ガス拡散型酸素電極の作製及び評価 / p29 (0037.jp2)
  22. 2.3 酸素還元機構の解析 / p31 (0039.jp2)
  23. 2.4 酸素還元反応の活性サイトの評価 / p35 (0043.jp2)
  24. 第3節 Mn系ペロブスカイト型酸化物を添加したガス拡散型酸素電極の分極特性 / p38 (0046.jp2)
  25. 3.1 LnMn0₃(Ln=ランタノイド元素)を添加したガス拡散型酸素電極の分極特性 / p38 (0046.jp2)
  26. 3.2 La₁₋xAxMnO₃(A=Na,K,Rb)の調製及びたガス拡散型酸素電極の分極特性 / p38 (0046.jp2)
  27. 第4節 酸化物上での酸素還元機構と反応サイト / p41 (0049.jp2)
  28. 第5節 ガス拡散型酸素電極の安定性と亜鉛-空気電池への適用 / p49 (0057.jp2)
  29. 第6節 本章のまとめ / p51 (0059.jp2)
  30. 参考文献 / p51 (0059.jp2)
  31. 第3章 Mn-Fe系ペロブスカイト型酸化物の二元機能特性 / p53 (0062.jp2)
  32. 第1節 緒言 / p53 (0062.jp2)
  33. 第2節 実験方法 / p54 (0063.jp2)
  34. 2.1 酸化物試料の調製 / p54 (0063.jp2)
  35. 2.2.ガス拡散型酸素電極の作製と分極特性測定 / p54 (0063.jp2)
  36. 2.3 サイクリックボルタンメトリ(CV)測定 / p54 (0063.jp2)
  37. 第3節 Pr₁₋xAxMnO₃(A=Ca,Sr,Ba)を用いたガス拡散型酸素電極の酸素還元特性 / p55 (0064.jp2)
  38. 第4節 PrBO₃(B=Cr,Mn,Fe)を用いたガス拡散型酸素電極の二元機能特性 / p57 (0066.jp2)
  39. 第5節 Pr₁₋xCaxMn₁₋yFeyO₃(0.0≤x,y≤1.0)を用いたガス拡散型酸素電極の二元機能特性 / p59 (0068.jp2)
  40. 5.1 Pr₀․₆Ca₀․₄Mn₁₋yFeyO₃(0.0≤y≤1.0)を添加したガス拡散型酸素電極の二元機能特性 / p59 (0068.jp2)
  41. 5.2 Pr₁₋xCaxMn₀․₁Fe₀․₉O₃(O.O≤x≤1.0)を添加したガス拡散型酸素電極の二元機能特性 / p61 (0070.jp2)
  42. 第6節 酸化物上での酸素還元・発生反応機構と活性サイト / p61 (0070.jp2)
  43. 第7節 ペロブスカイト型酸化物の安定性及び亜鉛-空気電池への適用 / (0073.jp2)
  44. 6.1 Pr₀.₂Ca₀.₈Mn₀.₁Fe₀.₉0₃の安定性 / p64 (0073.jp2)
  45. 6.2 亜鉛-空気電池への応用 / p64 (0073.jp2)
  46. 第8節 本章のまとめ / p67 (0076.jp2)
  47. 参考文献 / p68 (0077.jp2)
  48. 第4章 含浸法によるカーボン担持金属酸化物触媒の調製及び酸素還元活性の評価 / p69 (0079.jp2)
  49. 第1節 緒言 / p69 (0079.jp2)
  50. 第2節 実験方法 / p69 (0079.jp2)
  51. 2.1 カーボン担持酸化物触媒の調製 / p69 (0079.jp2)
  52. 2.2 ガス拡散型酸素電極の作製及び評価 / p70 (0080.jp2)
  53. 第3節 カーボン担持酸化物触媒を用いたガス拡散型酸素電極の分極特性 / p70 (0080.jp2)
  54. 3.1 調製試料の同定 / p70 (0080.jp2)
  55. 3.2 ガス拡散型酸素電極の分極特性測定 / p70 (0080.jp2)
  56. 第4節 酸化物触媒の分散状態の電子顕微鏡観察 / p74 (0084.jp2)
  57. 第5節 ガス拡散型酸素電極の長期安定性 / p74 (0084.jp2)
  58. 第6節 本章のまとめ / p77 (0087.jp2)
  59. 参考文献 / p77 (0087.jp2)
  60. 第5章 逆ミセル法によるMn系ぺロブスカイト型酸化物LaMnO₃の調製条件の検討 / p78 (0089.jp2)
  61. 第1節 緒言 / p78 (0089.jp2)
  62. 第2節 実験方法 / p80 (0091.jp2)
  63. 2.1 逆ミセル法の原理 / p80 (0091.jp2)
  64. 2.2 調製方法 / p81 (0092.jp2)
  65. 第3節 調製条件の検討 / p82 (0093.jp2)
  66. 3.1 共沈剤の選択 / p82 (0093.jp2)
  67. 3.2 逆ミセルサイズの測定 / p84 (0095.jp2)
  68. 3.3 (La,Mn)(OH)n前駆体粒子の粒子径分布測定 / p86 (0097.jp2)
  69. 3.4 焼成条件の検討 / p88 (0099.jp2)
  70. 第4節 本章のまとめ / p90 (0101.jp2)
  71. 参考文献 / p90 (0101.jp2)
  72. 第6章 逆ミセル法によりMn系ぺロブスカイト型酸化物LaMnO₃を担持した電極の酸素還元特性 / p92 (0104.jp2)
  73. 第1節 緒言 / p92 (0104.jp2)
  74. 第2節 実験方法 / p93 (0105.jp2)
  75. 2.1 ガス拡散型酸素電極の分極特性測定 / p93 (0105.jp2)
  76. 2.2 酸化物触媒の透過型電子顕微鏡(TEM)観察 / p93 (0105.jp2)
  77. 第3節 逆ミセル法により調製した力ーボン担持LaMnO₃触媒を用いたガス拡散型酸素電極の分極特性測定 / p93 (0105.jp2)
  78. 3.1 カーボン担持LaMnO₃触媒の調製 / p93 (0105.jp2)
  79. 3.2 カーボン担持LaMnO₃触媒を用いたガス拡散型酸素電極の分極特性則定 / p93 (0105.jp2)
  80. 3.3 カーボン担持LaMnO₃触媒を用いたガス拡散型酸素電極の長期安定性 / p95 (0107.jp2)
  81. 3.4 貴金属系および有機金属錯体系触媒を用いたガス拡散型酸素電極との比較 / p95 (0107.jp2)
  82. 3.5 酸化物触媒のカーボンヘの担持量の検討 / p95 (0107.jp2)
  83. 第4節 逆ミセル法と共沈担持法との比較 / p98 (0110.jp2)
  84. 第5節 逆ミセル法により調製したカーボン担持LaMnO₃触媒のTEM観察 / p98 (0110.jp2)
  85. 第6節 本章のまとめ / p101 (0113.jp2)
  86. 参考文献 / p101 (0113.jp2)
  87. 第7章 本研究の総括 / p102 (0115.jp2)
  88. 謝辞 / (0122.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000187751
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188034
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000352065
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ