ニッケル表面上に吸着した硫黄の表面構造および拡散挙動に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 塚脇, 聡 ツカワキ, サトシ

書誌事項

タイトル

ニッケル表面上に吸着した硫黄の表面構造および拡散挙動に関する研究

著者名

塚脇, 聡

著者別名

ツカワキ, サトシ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第5233号

学位授与年月日

2000-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1.緒言 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2.ニッケル表面に吸着した硫黄の表面構造に関する従来の研究 / p3 (0008.jp2)
  5. 1.3.ニッケル表面に吸着した硫黄の拡散に関する従来の研究 / p10 (0015.jp2)
  6. 1.4.ニッケル表面への硫黄の吸着法に関する従来の研究 / p12 (0017.jp2)
  7. 1.5.本研究の目的と構成 / p12 (0017.jp2)
  8. 2章 S/Ni(111)、S/Ni(100)系の相図の決定 / p14 (0019.jp2)
  9. 2.1 実験 / p14 (0019.jp2)
  10. 2.2.結果 / p19 (0024.jp2)
  11. 2.3.考察 / p24 (0029.jp2)
  12. 2.4.結論 / p25 (0030.jp2)
  13. 3章 (111)面における硫黄の拡散挙動 / p26 (0031.jp2)
  14. 3.1.一次元拡散法と二次元拡散法による拡散係数の決定 / p26 (0031.jp2)
  15. 3.2.実験 / p28 (0033.jp2)
  16. 3.3.結果 / p30 (0035.jp2)
  17. 3.4.考察 / p43 (0048.jp2)
  18. 3.5.結論 / p47 (0052.jp2)
  19. 4章 (100)面における硫黄の拡散挙動 / p48 (0053.jp2)
  20. 4.1.p(1×1)相の硫黄の拡散係数の決定 / p48 (0053.jp2)
  21. 4.2.p(1×1)相とc(2×2)相の二相にわたる濃度領域での拡散係数の決定 / p52 (0057.jp2)
  22. 4.3.考察 / p57 (0062.jp2)
  23. 4.4.結論 / p61 (0066.jp2)
  24. 5章 ニッケル多結晶表面上に吸着した硫黄の表面拡散 / p62 (0067.jp2)
  25. 5.1.実験 / p62 (0067.jp2)
  26. 5.2.結果 / p62 (0067.jp2)
  27. 5.3.考察 / p66 (0071.jp2)
  28. 5.4.結論 / p68 (0073.jp2)
  29. 6章 総括 / p69 (0074.jp2)
  30. 謝辞 / p75 (0080.jp2)
  31. 参考文献 / p76 (0081.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000187755
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188038
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000352069
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ