齧歯類におけるドパミンD[4]受容体拮抗薬の神経薬理学的研究 : その精神分裂病治療薬としての可能性

この論文をさがす

著者

    • 川島, 直也 カワシマ, ナオヤ

書誌事項

タイトル

齧歯類におけるドパミンD[4]受容体拮抗薬の神経薬理学的研究 : その精神分裂病治療薬としての可能性

著者名

川島, 直也

著者別名

カワシマ, ナオヤ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第7028号

学位授与年月日

2000-03-13

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0002.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0005.jp2)
  3. 第一章 NRA0O45およびNRA0160の各種受容体親和性 / p7 (0008.jp2)
  4. 1-1.実験材料および実験方法 / p7 (0008.jp2)
  5. 1-2.実験成績 / p10 (0010.jp2)
  6. 1-3.考察 / p13 (0011.jp2)
  7. 1-4.小括 / p15 (0012.jp2)
  8. 第二章 NRA0045およびNRA0160のドパミン、セロトニン作動性神経関連行動並びにノルアドレナリン致死に対する措抗作用 / p17 (0013.jp2)
  9. 2-1.実験材料および実験方法 / p18 (0014.jp2)
  10. 2-2.実験成績 / p21 (0015.jp2)
  11. 2-3.考察 / p26 (0018.jp2)
  12. 2-4.小括 / p30 (0020.jp2)
  13. 第三章 Methamphetamine並びにapomorphine誘発ドパミン作動性神経自発放電抑制に対するNRA0045およびNRA0160の拮抗作用 / p32 (0021.jp2)
  14. 3-1.実験材料および実験方法 / p33 (0021.jp2)
  15. 3-2.実験成績 / p36 (0023.jp2)
  16. 3-3.考察 / p44 (0027.jp2)
  17. 3-4.小括 / p46 (0028.jp2)
  18. 第四章 NRA0045およびNRA0160の脳内Fosタンパク質発現作用 / p47 (0028.jp2)
  19. 4-1.実験材料および実験方法 / p47 (0028.jp2)
  20. 4-2.実験成績 / p49 (0029.jp2)
  21. 4-3.考察 / p50 (0030.jp2)
  22. 4-4.小括 / p56 (0034.jp2)
  23. 第五章 NRA0045およびNRA0160のphencyclidineに対する拮抗作用並びに精神分裂病モデルに対する作用 / p58 (0035.jp2)
  24. 5-1.実験材料および実験方法 / p59 (0035.jp2)
  25. 5-2.実験成績 / p63 (0037.jp2)
  26. 5-3.考察 / p67 (0039.jp2)
  27. 5-4.小括 / p71 (0041.jp2)
  28. 総括 / p72 (0042.jp2)
  29. 引用文献 / p76 (0044.jp2)
  30. 謝辞 / p86 (0049.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000187837
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188120
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000352151
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ