複雑地形上において風向変動を有する流れ場での最大着地濃度推定方法に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 岡林, 一木 オカバヤシ, カズキ

書誌事項

タイトル

複雑地形上において風向変動を有する流れ場での最大着地濃度推定方法に関する研究

著者名

岡林, 一木

著者別名

オカバヤシ, カズキ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第7034号

学位授与年月日

2000-03-16

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1.序論 / p1 (0007.jp2)
  3. 1.1 まえがき / p1 (0007.jp2)
  4. 1.2 大気拡散予測 / p3 (0009.jp2)
  5. 1.3 従来の研究 / p11 (0017.jp2)
  6. 1.4 本研究の背景及び目的と方法 / p17 (0023.jp2)
  7. 1.5 本論文の構成 / p19 (0025.jp2)
  8. 2.風洞実験手法 / p21 (0027.jp2)
  9. 2.1 風向変動の再現方法 / p21 (0027.jp2)
  10. 2.2 加振法と重合法の比較 / p28 (0034.jp2)
  11. 2.3 考察 / p39 (0045.jp2)
  12. 3.重合法風洞実験手法の検証 / p40 (0046.jp2)
  13. 3.1 現地拡散実験 / p40 (0046.jp2)
  14. 3.2 風洞実験 / p46 (0052.jp2)
  15. 3.3 考察 / p52 (0058.jp2)
  16. 4.最大着地濃度推定方法 / p53 (0059.jp2)
  17. 4.1 平地上での時間修正係数 / p53 (0059.jp2)
  18. 4.2 地形影響を考慮した時間修正係数の導入 / p56 (0062.jp2)
  19. 4.3 まとめ / p58 (0064.jp2)
  20. 5.最大着地濃度推定方法の検証実験 / p59 (0065.jp2)
  21. 5.1 実験概要及び検証方法 / p59 (0065.jp2)
  22. 5.2 実験条件 / p60 (0066.jp2)
  23. 5.3 地形模型実験結果 / p68 (0074.jp2)
  24. 5.4 考察 / p77 (0083.jp2)
  25. 6.結論 / p89 (0095.jp2)
  26. 謝辞 / p91 (0097.jp2)
  27. Appendix / p92 (0098.jp2)
  28. 参考文献 / p97 (0103.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000187843
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188126
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000352157
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ