マルチエージェントシステム構築環境に関する研究 マルチ エージェント システム コウチク カンキョウ ニカンスル ケンキュウ

この論文をさがす

著者

    • 大囿, 忠親 オオゾノ, タダチカ

書誌事項

タイトル

マルチエージェントシステム構築環境に関する研究

タイトル別名

マルチ エージェント システム コウチク カンキョウ ニカンスル ケンキュウ

著者名

大囿, 忠親

著者別名

オオゾノ, タダチカ

学位授与大学

名古屋工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第302号

学位授与年月日

2000-03-23

注記・抄録

博士論文

主査:新谷 虎松

目次

  1. 論文要旨 / p1 (0004.jp2)
  2. 目次 / p3 (0005.jp2)
  3. 第1章 はじめに / p1 (0009.jp2)
  4. 1.1 本論文の構成 / p6 (0012.jp2)
  5. 第2章 研究の背景 / p9 (0013.jp2)
  6. 2.1 マルチエージェントシステム / p10 (0014.jp2)
  7. 2.2 制約論理型言語 / p21 (0019.jp2)
  8. 2.3 リフレクション / p23 (0020.jp2)
  9. 2.4 デバッグ / p29 (0023.jp2)
  10. 2.5 事例ベース推論 / p35 (0026.jp2)
  11. 第3章 マルチエージェントシステム開発環境RXF / p39 (0028.jp2)
  12. 3.1 RXFにおけるエージェント / p40 (0029.jp2)
  13. 3.2 設計 / p46 (0032.jp2)
  14. 3.3 エージェント記述言語 / p48 (0033.jp2)
  15. 3.4 RXFプログラミング / p50 (0034.jp2)
  16. 3.5 エージェント記述言語におけるリフレクション / p52 (0035.jp2)
  17. 3.6 リフレクション機構の実装 / p58 (0038.jp2)
  18. 3.7 リフレクションの記述例 / p63 (0040.jp2)
  19. 3.8 マルチエージェントシステム開発環境 / p67 (0042.jp2)
  20. 3.9 成果 / p69 (0043.jp2)
  21. 第4章 RXFにおけるエージェントオペレーティングシステム / p71 (0044.jp2)
  22. 4.1 エージェントオペレーティングシステム / p72 (0045.jp2)
  23. 4.2 スレッド管理機構 / p75 (0046.jp2)
  24. 4.3 メモリ管理機構 / p77 (0047.jp2)
  25. 4.4 パートシステム / p82 (0050.jp2)
  26. 4.5 Clause Mapped Part / p89 (0053.jp2)
  27. 4.6 エージェントフレームワーク / p95 (0056.jp2)
  28. 4.7 成果 / p101 (0059.jp2)
  29. 第5章 RXFにおけるデバッグ機能 / p103 (0060.jp2)
  30. 5.1 マルチエージェントシステムのデバッグ / p105 (0061.jp2)
  31. 5.2 “probe effect”を回避可能なマルチエージェントシステム用トレーサの実装 / p108 (0063.jp2)
  32. 5.3 考察 / p115 (0066.jp2)
  33. 5.4 成果 / p116 (0067.jp2)
  34. 第6章 エージェントのための推論機構 / p119 (0068.jp2)
  35. 6.1 プロダクションシステムKORE/IE / p120 (0069.jp2)
  36. 6.2 階層的事例ベース推論 / p121 (0069.jp2)
  37. 6.3 成果 / p127 (0072.jp2)
  38. 第7章 おわりに / p129 (0073.jp2)
  39. 7.1 今後の課題 / p132 (0075.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000187880
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188163
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000352194
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ