大腸菌SecY複合体のサブユニット相互作用と膜透過後期機能

この論文をさがす

著者

    • 本間, 貴之 ホンマ, タカユキ

書誌事項

タイトル

大腸菌SecY複合体のサブユニット相互作用と膜透過後期機能

著者名

本間, 貴之

著者別名

ホンマ, タカユキ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第8179号

学位授与年月日

2000-03-23

注記・抄録

博士論文

新制・課程博士

甲第8179号

理博第2201号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 要旨 / (0004.jp2)
  3. 第一章 序論 / p1 (0009.jp2)
  4. I.はじめに(本研究の動機) / p1 (0009.jp2)
  5. II.大腸菌のタンパク質膜透過機構 / p2 (0010.jp2)
  6. III.本研究の目的 / p12 (0020.jp2)
  7. 第二章 結果 / p13 (0021.jp2)
  8. I.SecYEG複合体におけるサブユニット相互作用の解析 / p13 (0021.jp2)
  9. II.secY125変異体における膜透過サブステップの異常 / p18 (0026.jp2)
  10. III.secY125変異株のサプレッサー解析 / p25 (0033.jp2)
  11. 第三章 考察 / p29 (0037.jp2)
  12. I.SecYとSecEおよびSecGとの相互作用について / p29 (0037.jp2)
  13. II.secY125変異による膜透過サブステップの変化について / p34 (0042.jp2)
  14. III.SecYEG複合体とYajCSecDF複合体の相互作用について / p36 (0044.jp2)
  15. 第四章 実験の材料と方法 / p40 (0048.jp2)
  16. I.材料 / p40 (0048.jp2)
  17. II.方法 / p47 (0055.jp2)
  18. 参考文献 / p59 (0067.jp2)
  19. 謝辞 / p67 (0075.jp2)
  20. 図表 / p68 (0076.jp2)
  21. The SecY Complex and the FtsH Complex in the E.coli Plasma Membrane / p169 (0155.jp2)
6アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000188010
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188293
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000352324
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ