タンパク質膜透過の駆動におけるSecYとSecAの相互作用

この論文をさがす

著者

    • 松本, 弦 マツモト, ゲン

書誌事項

タイトル

タンパク質膜透過の駆動におけるSecYとSecAの相互作用

著者名

松本, 弦

著者別名

マツモト, ゲン

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第8180号

学位授与年月日

2000-03-23

注記・抄録

博士論文

本文データは平成22年度国立国会図書館の学位論文(博士)のデジタル化実施により作成された画像ファイルを基にpdf変換したものである

新制・課程博士

甲第8180号

理博第2202号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 要旨 / (0004.jp2)
  3. 目次 / p1 (0006.jp2)
  4. Chapter1 序論 / p1 (0009.jp2)
  5. はじめに / p1 (0009.jp2)
  6. 1-1 タンパク質の膜透過機構の概観 / p1 (0009.jp2)
  7. 1-2 細胞質から膜へのターゲティング / p8 (0016.jp2)
  8. 1-3 SecA / p10 (0018.jp2)
  9. 1-4 膜内在性Sec因子と膜透過チャネル / p14 (0022.jp2)
  10. 1-5 本研究の背景と目的 / p20 (0028.jp2)
  11. Chapter 2 結果 / p22 (0030.jp2)
  12. 2-1 SecAのinsertionを損なうsecY変異の同定 / p22 (0030.jp2)
  13. 2-2 secY205変異をサプレスするsecA36変異の分離と解析 / p29 (0037.jp2)
  14. 2-3 secY205変異をサプレスするsecA変異の系統的分離 / p37 (0045.jp2)
  15. 2-4 膜透過装置におけるSecGの役割 / p49 (0057.jp2)
  16. Chapter 3 考察 / p59 (0067.jp2)
  17. Chapter 4 材料と方法 / p69 (0077.jp2)
  18. 4-1 材料 / p69 (0077.jp2)
  19. 4-2 方法 / p73 (0081.jp2)
  20. 参考文献 / p78 (0086.jp2)
  21. 謝辞 / p84 (0092.jp2)
  22. Characterization of a Mutant Form of SecA that Alleviates a SecY Defect at Low Temperature and Shows a Synthetic Defect with the SecY Alteration at High Temperature† / p1 (0111.jp2)
  23. The SecY Complex and the FtsH Complex in the E.coli Plasma Membrane / p169 (0141.jp2)
  24. Mutation in secY that Causes Enhanced SecA Insertion and Impaired Late Functions in Protein Translocation / p1 (0155.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000188011
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188294
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000352325
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ