神経突起のパターン制御と平面内細胞極性の形成における7回膜貫通型カドヘリンの機能解析

この論文をさがす

著者

    • 碓井, 理夫 ウスイ, タダオ

書誌事項

タイトル

神経突起のパターン制御と平面内細胞極性の形成における7回膜貫通型カドヘリンの機能解析

著者名

碓井, 理夫

著者別名

ウスイ, タダオ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第8202号

学位授与年月日

2000-03-23

注記・抄録

博士論文

本文データは平成22年度国立国会図書館の学位論文(博士)のデジタル化実施により作成された画像ファイルを基にpdf変換したものである

新制・課程博士

甲第8202号

理博第2224号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 主論文 / (0003.jp2)
  4. 要旨 / p6 (0006.jp2)
  5. 第1章.序論 / p9 (0008.jp2)
  6. 第2章.flamingo(fmi)の同定 / p17 (0012.jp2)
  7. 2-0.はじめに / p17 (0012.jp2)
  8. 2-1.結果 / p19 (0013.jp2)
  9. 2-2.考察 / p14 (0020.jp2)
  10. 第3章.神経突起のパターン形成の制御についての解析 / p37 (0022.jp2)
  11. 3-0.はじめに / p37 (0022.jp2)
  12. 3-1.結果 / p38 (0022.jp2)
  13. 3-2.考察 / p57 (0031.jp2)
  14. 第4章.平面内細胞極性の形成における役割の追究 / p63 (0034.jp2)
  15. 4-0.はじめに / p63 (0034.jp2)
  16. 4-1.結果 / p65 (0035.jp2)
  17. 4-2.考察 / p77 (0041.jp2)
  18. 第5章.総合議論 / p63 (0044.jp2)
  19. 5-1.Fmiによる神経突起のパターン形成制御 / p83 (0044.jp2)
  20. 5-2.Fmiによる平面内細胞極性の形成 / p84 (0044.jp2)
  21. 5-3.今後の展望 / p85 (0045.jp2)
  22. 第6章.材料と方法 / p89 (0047.jp2)
  23. 6-1.分子生物学的操作 / p89 (0047.jp2)
  24. 6-2.タンパクの取り扱い / p91 (0048.jp2)
  25. 6-3.組織学的操作 / p94 (0049.jp2)
  26. 6-4.材料 / p95 (0050.jp2)
  27. 6-5.別表 / p102 (0053.jp2)
  28. 補遺 / p104 (0054.jp2)
  29. 参考文献 / p106 (0055.jp2)
  30. 謝辞 / p114 (0059.jp2)
  31. 主論文の基礎となる論文 / p585 (0061.jp2)
  32. 参考論文1 / p77 (0068.jp2)
  33. 参考論文2 / p1247 (0076.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000188033
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188316
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000352347
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ