Ras/MAPK経路の活性化によるFasを介するアポトーシスの調節機構の解析

この論文をさがす

著者

    • 風間, 啓敬 カザマ, ヒロタカ

書誌事項

タイトル

Ras/MAPK経路の活性化によるFasを介するアポトーシスの調節機構の解析

著者名

風間, 啓敬

著者別名

カザマ, ヒロタカ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第8204号

学位授与年月日

2000-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 要旨 / (0004.jp2)
  3. 目次 / p1 (0005.jp2)
  4. 第1章 序論 / p3 (0007.jp2)
  5. 1-1 アポトーシスとは / p3 (0007.jp2)
  6. 1-2 アポトーシス研究における基礎(線虫における遺伝学的解析) / p5 (0009.jp2)
  7. 1-3 Caspaseファミリー / p6 (0010.jp2)
  8. 1-4 イニシエーターCaspaseの活性化 / p13 (0017.jp2)
  9. 1-5 アポトーシスを抑制する機構 / p15 (0019.jp2)
  10. 1-6 アポトーシスを誘導する刺激 / p17 (0021.jp2)
  11. 1-7 アポトーシスを抑制するシグナル伝達経路 / p18 (0022.jp2)
  12. 1-8 RasによるFasを介するアポトーシスの調節 / p19 (0023.jp2)
  13. 第2章 材料と方法 / p21 (0025.jp2)
  14. 第3章 結果 / p28 (0032.jp2)
  15. 3-1 Fasを介するアポトーシスを阻害する遺伝子としてのc-K-rasの発現クローニング / p28 (0032.jp2)
  16. 3-2 活性型RasがFasを介するアポトーシスを抑制する / p30 (0034.jp2)
  17. 3-3 活性型K-RasはCaspaseを阻害する / p30 (0034.jp2)
  18. 3-4 MAPKの活性化がFasを介するアポトーシスを抑制する / p34 (0038.jp2)
  19. 3-5 bFGF前処理によるFasを介するアポトーシスの抑制 / p41 (0045.jp2)
  20. 3-6 bFGFによるFasを介するアポトーシスの抑制もRas/MAPKの活性化を必要とする / p44 (0048.jp2)
  21. 3-7 bFGF刺激では内因性Fasの発現はかわらない / p47 (0051.jp2)
  22. 3-8 c-FLIPによるFasを介するアポトーシスの制御 / p47 (0051.jp2)
  23. 3-9 ヒト癌細胞由来細胞株におけるRasの効果 / p49 (0053.jp2)
  24. 第4章 考察 / p53 (0057.jp2)
  25. 謝辞 / p59 (0063.jp2)
  26. 参考文献 / p60 (0064.jp2)
13アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000188035
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188318
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000352349
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ