MAPキナーゼキナーゼ変異体を用いたMAPキナーゼ経路の機能解析

この論文をさがす

著者

    • 後藤, 勇 ゴトウ, イサム

書誌事項

タイトル

MAPキナーゼキナーゼ変異体を用いたMAPキナーゼ経路の機能解析

著者名

後藤, 勇

著者別名

ゴトウ, イサム

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第8207号

学位授与年月日

2000-03-23

注記・抄録

博士論文

新制・課程博士

甲第8207号

理博第2229号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 論文要旨 / (0004.jp2)
  3. <目次> / p2 (0005.jp2)
  4. 略語 / p3 (0006.jp2)
  5. 序論 / p4 (0007.jp2)
  6. 方法 / p11 (0014.jp2)
  7. 結果 / p17 (0020.jp2)
  8. 第1章、MAPキナーゼ(MAPKK)のNESの役割 / p17 (0020.jp2)
  9. 1、NESの機能を失った構成的活性型MAPKK変異体が誘起する細胞応答 / p17 (0020.jp2)
  10. 2、NESを失ったMAPKKにNES配列を再付加することの効果 / p20 (0023.jp2)
  11. 3、MAPキナーゼの機能の必要性 / p21 (0024.jp2)
  12. 第2章、MAPKKによる細胞形態とS期進入の調整 / p36 (0039.jp2)
  13. 1、MAPKKと細胞形態の調節 / p36 (0039.jp2)
  14. 2、構成的活性型MAPKK変異体によるS期進入 / p39 (0042.jp2)
  15. 3、MAPKKのN末端領域の機能 / p40 (0043.jp2)
  16. 考察 / p55 (0058.jp2)
  17. 謝辞 / p63 (0066.jp2)
  18. 参考文献 / p64 (0067.jp2)
  19. Cytoplasmic Localization of Mitogen-activated Protein Kinase Kinase Directed by Its NH₂-terminal,Leucine-rich Short Amino Acid Sequence,Which Acts as a Nuclear Export Signal﹡ / p20024 (0086.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000188038
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188321
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000352352
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ