キノロン系抗菌薬の腎排泄機構に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 伊藤, 達也 イトウ, タツヤ

書誌事項

タイトル

キノロン系抗菌薬の腎排泄機構に関する研究

著者名

伊藤, 達也

著者別名

イトウ, タツヤ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第8304号

学位授与年月日

2000-03-23

注記・抄録

博士論文

新制・課程博士

甲第8304号

薬博第442号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 総論の部 / p1 (0005.jp2)
  4. 緒言 / p1 (0005.jp2)
  5. 第I章 キノロン系抗菌薬の腎移行特性 / p3 (0006.jp2)
  6. 第1節 キノロン系抗菌薬の腎移行特性 / p4 (0007.jp2)
  7. 1-a 初期取り込みクリアランスを用いた臓器移行特性 / p4 (0007.jp2)
  8. 1-b 腎皮質切片を用いた腎移行特性 / p6 (0008.jp2)
  9. 1-c 考察 / p9 (0009.jp2)
  10. 第2節 キノロン系抗菌薬の腎排泄挙動の比較 / p11 (0010.jp2)
  11. 2-a ラットにおける腎排泄挙動の比較 / p11 (0010.jp2)
  12. 2-b 摘出腎灌流法を用いた排泄挙動の比較 / p13 (0011.jp2)
  13. 2-c 考察 / p15 (0012.jp2)
  14. 第II章 キノロン系抗菌薬の尿細管分泌機構 / p18 (0014.jp2)
  15. 第1節 ラットにおけるレボフロキサシンの尿細管分泌 / p19 (0014.jp2)
  16. 1-a 尿細管分泌に及ぼすイオン性化合物の影響 / p19 (0014.jp2)
  17. 1-b 考察 / p20 (0015.jp2)
  18. 第2節 摘出腎灌流法を用いたレボフロキサシンの経細胞輸送特性 / p22 (0016.jp2)
  19. 2-a モーメント解析の適用 / p22 (0016.jp2)
  20. 2-b レボフロキサシン輸送に及ぼす種々薬物の影響 / p24 (0017.jp2)
  21. 2-c 考察 / p27 (0018.jp2)
  22. 第3節 培養腎上皮細胞を用いたレボフロキサシンの輸送特性 / p29 (0019.jp2)
  23. 3-a LLC-PK₁細胞を用いた輸送特性 / p29 (0019.jp2)
  24. 3-b LLC-GA5-COL150細胞を用いた輸送特性 / p34 (0022.jp2)
  25. 3-c 考察 / p36 (0023.jp2)
  26. 結論 / p39 (0024.jp2)
  27. 謝辞 / p42 (0026.jp2)
  28. 実験の部 / p43 (0026.jp2)
  29. 論文目録 / p52 (0031.jp2)
  30. 引用文献 / p53 (0031.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000188135
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188418
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000352449
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ