神経-グリア細胞機能連関におけるフラクタルカインの役割に関する分子細胞薬理的研究

この論文をさがす

著者

    • 西依, 淳 ニシヨリ, アツシ

書誌事項

タイトル

神経-グリア細胞機能連関におけるフラクタルカインの役割に関する分子細胞薬理的研究

著者名

西依, 淳

著者別名

ニシヨリ, アツシ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第8308号

学位授与年月日

2000-03-23

注記・抄録

博士論文

新制・課程博士

甲第8308号

薬博第446号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0005.jp2)
  3. 緒言 / p1 (0006.jp2)
  4. 第一章ラット脳内におけるフラクタルカインおよびCX3CR1mRNAの発現分布と発現細胞種 / p3 (0007.jp2)
  5. 実験方法 / p4 (0008.jp2)
  6. 実験結果 / p9 (0010.jp2)
  7. 第一節 ラットフラクタルカインcDNAのクローニング / p9 (0010.jp2)
  8. 第二節 ラット脳内におけるフラクタルカインとCX3CR1mRNAの発現分布と発現細胞種 / p11 (0011.jp2)
  9. 第三節 培養ミクログリアに対するフラクタルカインの走化活性 / p15 (0013.jp2)
  10. 考察 / p16 (0014.jp2)
  11. 第二章 脳虚血負荷によるフラクタルカインとCX3CR1の発現変化 / p19 (0015.jp2)
  12. 実験方法 / p20 (0016.jp2)
  13. 実験結果 / p22 (0017.jp2)
  14. 考察 / p29 (0020.jp2)
  15. 第三章脳虚血による海馬神経細胞死およびミクログリア活性化に対するフラクタルカイン側脳室内投与の効果 / p33 (0022.jp2)
  16. 実験方法 / p34 (0023.jp2)
  17. 実験結果 / p35 (0023.jp2)
  18. 第一節 FKN側脳室内投与の海馬神経細胞死に対する効果 / p35 (0023.jp2)
  19. 第二節 FKN側脳室内投与のミクログリア活性化に対する効果 / p39 (0025.jp2)
  20. 考察 / p44 (0028.jp2)
  21. 総括および結論 / p45 (0028.jp2)
  22. 謝辞 / p46 (0029.jp2)
  23. 発表論文目録 / p47 (0029.jp2)
  24. 引用文献 / p48 (0030.jp2)
5アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000188139
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188422
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000352453
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ