化学修飾を利用した活性酸素消去酵素の細胞選択的ターゲティングに関する研究

この論文をさがす

著者

    • 矢部, 義之 ヤベ, ヨシユキ

書誌事項

タイトル

化学修飾を利用した活性酸素消去酵素の細胞選択的ターゲティングに関する研究

著者名

矢部, 義之

著者別名

ヤベ, ヨシユキ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第8311号

学位授与年月日

2000-03-23

注記・抄録

博士論文

新制・課程博士

甲第8311号

薬博第449号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0005.jp2)
  3. 総論の部 / p1 (0006.jp2)
  4. 緒言 / p1 (0006.jp2)
  5. 第I章 カタラーゼの体内動態および化学修飾による体内動態制御 / p2 (0007.jp2)
  6. I-1 カタラーゼ(CAT)のマウス静脈内投与後の体内動態および肝移行メカニズムの検討 / p2 (0007.jp2)
  7. I-2 各種化学修飾によるCATの体内動態制御 / p8 (0010.jp2)
  8. I-3 考察 / p13 (0012.jp2)
  9. 第II章 肝灌流実験系を用いたカタラーゼ誘導体の肝移行性と肝障害抑制効果の評価 / p16 (0014.jp2)
  10. II-1 CATのラット静脈内投与後の体内動態 / p16 (0014.jp2)
  11. II-2 定速注入肝灌流実験系を用いた肝移行動態の評価 / p18 (0015.jp2)
  12. II-3 過酸化水素による肝障害に対するCAT誘導体の障害抑制効果 / p24 (0018.jp2)
  13. II-4 考察 / p25 (0018.jp2)
  14. 第III章 カタラーゼおよびスーパーオキサイドディスムターゼ誘導体のin vivo 活性酸素障害抑制効果 / p28 (0020.jp2)
  15. III-1 マウス肝虚血再灌流初期障害に対する各種CAT誘導体単独投与による効果 / p28 (0020.jp2)
  16. III-2 マウス肝虚血再灌流初期障害に対する各種CATおよびSOD誘導体の同時投与による障害抑制効果の増強 / p31 (0021.jp2)
  17. III-3 マウス肝虚血再灌流後期障害に対する各種CATおよびSOD誘導体の効果 / p33 (0022.jp2)
  18. III-4 CATおよびSOD誘導体の虚血再灌流障害抑制メカニズムに関する検討 / p35 (0023.jp2)
  19. III-5 考察 / p39 (0025.jp2)
  20. 結論 / p42 (0027.jp2)
  21. 謝辞 / p44 (0028.jp2)
  22. 実験の部 / p45 (0028.jp2)
  23. 第I章 実験の部 / p45 (0028.jp2)
  24. 第II章 実験の部 / p48 (0030.jp2)
  25. 第III章 実験の部 / p49 (0030.jp2)
  26. 引用文献 / p51 (0031.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000188142
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188425
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000352456
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ