イミンの高選択的不斉アルキル化反応の開発とイソキノリンアルカロイドへの合成展開

この論文をさがす

著者

    • 谷山, 大典 タニヤマ, ダイスケ

書誌事項

タイトル

イミンの高選択的不斉アルキル化反応の開発とイソキノリンアルカロイドへの合成展開

著者名

谷山, 大典

著者別名

タニヤマ, ダイスケ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第8313号

学位授与年月日

2000-03-23

注記・抄録

博士論文

新制・課程博士

甲第8313号

薬博第451号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 序論 / p1 (0006.jp2)
  4. 第1節 はじめに / p1 (0006.jp2)
  5. 第2節 他研究室でのイミンの不斉アルキル化反応 / p2 (0007.jp2)
  6. 第3節 当研究室でのイミンの不斉アルキル化反応の解決すべき問題点 / p5 (0008.jp2)
  7. 第4節 本研究の成果 / p6 (0009.jp2)
  8. 本論 / p7 (0009.jp2)
  9. 第1章 1位置換テトラヒドロイソキノリンの不斉合成経路の開拓 / p7 (0009.jp2)
  10. 第1節 1-メチル-1,2,3,4-テトラヒドロイソキノリンの不斉合成 / p9 (0010.jp2)
  11. (1)1,2,3,4-テトラヒドロイソキノリン骨格の合成戦略 / p9 (0010.jp2)
  12. (2)不斉メチル化反応 / p10 (0011.jp2)
  13. (3)閉環反応の開発と窒素上置換基の切断 / p10 (0011.jp2)
  14. 第2節 1-フェニル-1,2,3,4-テトラヒドロイソキノリンの不斉合成 / p14 (0013.jp2)
  15. (1)不斉フェニル化反応 / p14 (0013.jp2)
  16. (2)不斉合成 / p14 (0013.jp2)
  17. 第3節 サルソリジンの不斉合成上の問題点 / p16 (0014.jp2)
  18. 第2章 イミンの高選択的不斉アルキル化反応の開発 / p17 (0014.jp2)
  19. 第1節 イミンの高選択的不斉アルキル化反応 / p17 (0014.jp2)
  20. (1)計算化学による窒素上置換基の酸化的切断反応の選択性の予測 / p17 (0014.jp2)
  21. (2)窒素上置換基の検討 / p19 (0015.jp2)
  22. (3)N-ナフチルイミンヘの不斉アルキル化反応 / p20 (0016.jp2)
  23. 第2節 窒素上置換基の酸化的切断の新手法 / p23 (0017.jp2)
  24. (1)窒素上置換基の酸化的切断反応の開発 / p23 (0017.jp2)
  25. (2)不斉アルキル化反応生成物の絶対配置の決定 / p24 (0018.jp2)
  26. 第3節 不斉誘起機構 / p26 (0019.jp2)
  27. 第3章 (R)-サルソリジンの不斉合成 / p28 (0020.jp2)
  28. 結論 / p29 (0020.jp2)
  29. 実験項 / p30 (0022.jp2)
  30. 第1章 / p30 (0022.jp2)
  31. 第2章 / p41 (0028.jp2)
  32. 第3章 / p61 (0038.jp2)
  33. 参考文献 / p63 (0039.jp2)
  34. Asymmetric Addition Reaction of Phenyllithium to 1,2-Ethylenediimine with the Aid of A Chiral Ligand / p1705 (0043.jp2)
  35. ENANTIOSELECTIVE ADDITION OF METHYLLITHIUM TO 2-FURALDEHYDE IMINE WITH THE AID OF CHIRAL LIGAND¹ / p165 (0047.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000188144
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188427
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000352458
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ