橋梁の色彩と形態美に関する基礎的研究

この論文をさがす

著者

    • 太田, 亜矢 オオタ, アヤ

書誌事項

タイトル

橋梁の色彩と形態美に関する基礎的研究

著者名

太田, 亜矢

著者別名

オオタ, アヤ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第8348号

学位授与年月日

2000-03-23

注記・抄録

博士論文

新制・課程博士

甲第8348号

工博第1913号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0005.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0009.jp2)
  4. 1.1 研究の背景 / p1 (0009.jp2)
  5. 1.2 既往研究と本研究の位置付け / p2 (0010.jp2)
  6. 1.3 絵画による橋梁景観分析 / p4 (0012.jp2)
  7. 1.4 色彩調和論による橋梁景観分析 / p5 (0013.jp2)
  8. 1.5 メイクアップ手法による橋梁景観設計法 / p5 (0013.jp2)
  9. 1.6 本論文の構成 / p6 (0014.jp2)
  10. 第2章 我が国における既設橋梁の色彩調査 / p10 (0019.jp2)
  11. 2.1 はじめに / p10 (0019.jp2)
  12. 2.2 既往の研究 / p10 (0019.jp2)
  13. 2.3 既設橋梁の色彩調査 / p11 (0020.jp2)
  14. 2.4 色彩改善の試み / p13 (0022.jp2)
  15. 2.5 結論 / p15 (0024.jp2)
  16. 第3章 名画に基づく色彩評価 / p22 (0032.jp2)
  17. 3.1 はじめに / p22 (0032.jp2)
  18. 3.2 既往の研究 / p23 (0033.jp2)
  19. 3.3 名画の多面的分析 / p23 (0033.jp2)
  20. 3.4 名画に基づく評価 / p27 (0037.jp2)
  21. 3.5 結論 / p32 (0042.jp2)
  22. 第4章 美度を用いた形態評価 / p46 (0056.jp2)
  23. 4.1 はじめに / p46 (0056.jp2)
  24. 4.2 既往の研究 / p46 (0056.jp2)
  25. 4.3 評価方法の概要 / p47 (0057.jp2)
  26. 4.4 海外の橋梁の調査 / p49 (0059.jp2)
  27. 4.5 遺伝的アルゴリズムを用いた橋梁創出 / p53 (0063.jp2)
  28. 4.6 「Juddの色彩調和の原理」 / p55 (0065.jp2)
  29. 4.7 結論 / p58 (0068.jp2)
  30. 第5章 メイクアップ理論を用いた橋梁景観設計法 / p73 (0084.jp2)
  31. 5.1 はじめに / p73 (0084.jp2)
  32. 5.2 メイクアップ手法 / p76 (0087.jp2)
  33. 5.3 理想像に関するアンケート調査 / p81 (0092.jp2)
  34. 5.4 メイクアップ手法の橋梁への応用例 / p86 (0097.jp2)
  35. 5.5 結論 / p87 (0098.jp2)
  36. 第6章 結論 / p108 (0120.jp2)
  37. 謝辞 / (0123.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000188179
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188462
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000352493
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ