FePd合金の規則-不規則相変態に及ぼす外部応力・磁場効果に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 市坪, 哲 イチツボ, テツ

書誌事項

タイトル

FePd合金の規則-不規則相変態に及ぼす外部応力・磁場効果に関する研究

著者名

市坪, 哲

著者別名

イチツボ, テツ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第8374号

学位授与年月日

2000-03-23

注記・抄録

博士論文

新制・課程博士

甲第8374号

工博第1939号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  4. 1-1 はじめに / p1 (0006.jp2)
  5. 1-2 相変態に及ぼす外場効果に関するこれまでの研究 / p2 (0007.jp2)
  6. 1-3 弾性歪エネルギーが相変態に及ぼす影響 / p6 (0009.jp2)
  7. 1-4 規則-不規則変態の統計熱力学的理論 / p9 (0010.jp2)
  8. 1-5 FePd合金の規則-不規則変態および磁気的性質 / p14 (0013.jp2)
  9. 1-6 研究動機および目的 / p18 (0015.jp2)
  10. 第2章 FePd合金の弾性的性質および規則化初期におけるツイードパターン形成 / p21 (0016.jp2)
  11. 2-1 はじめに / p21 (0016.jp2)
  12. 2-2 FePd合金の弾性率測定 / p21 (0016.jp2)
  13. 2-3 弾性理論におけるEshelbyの楕円体介在物の方法 / p25 (0018.jp2)
  14. 2-4 弾性歪エネルギー計算および結果 / p29 (0020.jp2)
  15. 2-5 結論 / p37 (0024.jp2)
  16. 補遺 Colonnettiの定理 / p38 (0025.jp2)
  17. 第3章 FePd合金の規則化過程に及ばす外部応力効果 / p39 (0025.jp2)
  18. 3-1 はじめに / p39 (0025.jp2)
  19. 3-2 圧縮応力下における熱処理 / p39 (0025.jp2)
  20. 3-3 4軸X線回折計による3種類のバリアントの生成量の同定 / p41 (0026.jp2)
  21. 3-4 規則相の生成分率の評価法 / p45 (0028.jp2)
  22. 3-5 3種類のバリアントの体積分率の解析結果 / p55 (0033.jp2)
  23. 3-6 解析結果の考察 / p66 (0039.jp2)
  24. 3-7 結論 / p69 (0040.jp2)
  25. 補遺 試料結晶方位の装置への入力(軸立て) / p70 (0041.jp2)
  26. 第4章 外部応力下におけるFePd合金のL1₀相の安定性および規則変態の速度論 / p72 (0042.jp2)
  27. 4-1 はじめに / p72 (0042.jp2)
  28. 4-2 実験方法 / p73 (0042.jp2)
  29. 4-3 実験結果 / p77 (0044.jp2)
  30. 4-4 結果の考察 / p84 (0048.jp2)
  31. 4-5 結論 / p85 (0048.jp2)
  32. 第5章 FePd合金の規則化過程に及ばす外部磁場効果 / p86 (0049.jp2)
  33. 5-1 はじめに / p86 (0049.jp2)
  34. 5-2 実験方法 / p86 (0049.jp2)
  35. 5-3 実験結果 / p88 (0050.jp2)
  36. 5-4 磁気エネルギーの観点からの磁場効果 / p91 (0051.jp2)
  37. 5-5 結論 / p98 (0055.jp2)
  38. 補遺 形状磁気異方性に関して / p100 (0056.jp2)
  39. 第6章 モンテカルロ法によるfcc/L1₀相転移のモデル計算 / p100 (0056.jp2)
  40. 6-1 はじめに / p101 (0056.jp2)
  41. 6-2 モンテカルロ法を併用した配置の自由エネルギー計算法 / p102 (0057.jp2)
  42. 6-3 fcc/L1₀規則-不規則相転移における自由エネルギー計算 / p104 (0058.jp2)
  43. 6-4 スピノーダル規則化温度の推定 / p108 (0060.jp2)
  44. 6-5 応力下での転移温度および配置の自由エネルギー計算 / p112 (0062.jp2)
  45. 6-6 結論 / p114 (0063.jp2)
  46. 補遺 相転移温度の応力に関するClausius-Clapeyronの式の導出 / p115 (0063.jp2)
  47. 第7章 外場下におけるL1₀規則相の核生成速度 / p117 (0064.jp2)
  48. 7-1 はじめに / p117 (0064.jp2)
  49. 7-2 外場下における核生成速度比の変化 / p117 (0064.jp2)
  50. 7-3 予想される単一バリアント構造の形成メカニズム / p121 (0066.jp2)
  51. 7-4 結論 / p124 (0068.jp2)
  52. 第8章 正方歪を伴うfcc/L1₀相変態のTDGL方程式による組織形成シミュレーション / p125 (0068.jp2)
  53. 8-1 はじめに / p125 (0068.jp2)
  54. 8-2 Ginzburg-Landau自由エネルギーとTDGL方程式 / p126 (0069.jp2)
  55. 8-3 fcc/L1₀相転移を記述するTDGL方程式 / p128 (0070.jp2)
  56. 8-4 TDGL方程式の解法およびシミュレーション条件 / p133 (0072.jp2)
  57. 8-5 シミュレーション結果 / p135 (0073.jp2)
  58. 8-6 考察 / p144 (0078.jp2)
  59. 8-7 結論 / p147 (0079.jp2)
  60. 補遺1:歪エネルギーの微分に関して / p149 (0080.jp2)
  61. 補遺2:界面エネルギーと勾配係数の関係について / p150 (0081.jp2)
  62. 補遺3:ランダム力の推定について / p151 (0081.jp2)
  63. 第9章 総括 / p152 (0082.jp2)
  64. 謝辞 / p154 (0083.jp2)
  65. 参考文献 / p155 (0083.jp2)
  66. 発表論文リスト,国際会議発表 / p159 (0085.jp2)
11アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000188205
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188488
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000352519
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ