視覚性注意障害と視覚認知障害 : アルツハイマー病(AD)例における検討

この論文をさがす

著者

    • 松本, 絵理子 マツモト, エリコ

書誌事項

タイトル

視覚性注意障害と視覚認知障害 : アルツハイマー病(AD)例における検討

著者名

松本, 絵理子

著者別名

マツモト, エリコ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (人間・環境学)

学位授与番号

甲第8470号

学位授与年月日

2000-03-23

注記・抄録

博士論文

本文データは平成22年度国立国会図書館の学位論文(博士)のデジタル化実施により作成された画像ファイルを基にpdf変換したものである

新制・課程博士

甲第8470号

人博第100号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 第1章 研究の背景 / p1 (0006.jp2)
  4. 1-1.はじめに / p1 (0006.jp2)
  5. 1-2.本研究の構成 / p3 (0007.jp2)
  6. 1-3.注意の分類 / p4 (0008.jp2)
  7. 1-4.全般的な注意:覚醒・持続性注意 / p8 (0010.jp2)
  8. 1-5.選択的注意 / p9 (0010.jp2)
  9. 1-6.視覚性注意の障害 / p16 (0014.jp2)
  10. 1-7.Alzheimer's disease(AD)における視覚性注意障害 / p24 (0018.jp2)
  11. 第2章 前頭葉損傷例における持続的注意の障害 / p30 (0021.jp2)
  12. 2-1.序論 / p30 (0021.jp2)
  13. 2-2.対象とした症例 / p31 (0021.jp2)
  14. 2-3.連続遂行課題(CPT) / p35 (0023.jp2)
  15. 2-4.覚醒的注意課題(Vigilance attention task) / p36 (0024.jp2)
  16. 2-5.考察 / p38 (0025.jp2)
  17. 2-6.本章のまとめ / p40 (0026.jp2)
  18. 第3章 AD例における注意の有効範囲の制限-A case study- / p42 (0027.jp2)
  19. 3-1.序論 / p42 (0027.jp2)
  20. 3-2.対象症例 / p44 (0028.jp2)
  21. 3-3.瞬間呈示下での数字認知課題について / p50 (0031.jp2)
  22. 3-4.考察 / p55 (0033.jp2)
  23. 3-5.本章のまとめ / p59 (0035.jp2)
  24. 第4章 視覚認知における全体と部分の処理 / p60 (0036.jp2)
  25. 4-1.序論 / p60 (0036.jp2)
  26. 4-2.部分・全体注意課題 / p64 (0038.jp2)
  27. 4-3.実験 / p69 (0040.jp2)
  28. 4-4.結果 / p72 (0042.jp2)
  29. 4-5.考察 / p80 (0046.jp2)
  30. 4-6.まとめ / p84 (0048.jp2)
  31. 第5章 総合的考察 / p86 (0049.jp2)
  32. 5-1.視覚認知障害と時間性要因について / p86 (0049.jp2)
  33. 5-2.全体・部分の認知に関する神経機構 / p93 (0052.jp2)
  34. 5-3.本研究の意義について / p97 (0054.jp2)
  35. 謝辞 / (0056.jp2)
  36. 引用文献 / p100 (0056.jp2)
23アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000188301
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188584
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000352615
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ