金属材料の塑性変形挙動に対する照射効果の研究

この論文をさがす

著者

    • 安堂, 正己 アンドウ, マサミ

書誌事項

タイトル

金属材料の塑性変形挙動に対する照射効果の研究

著者名

安堂, 正己

著者別名

アンドウ, マサミ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (エネルギー科学)

学位授与番号

甲第8477号

学位授与年月日

2000-03-23

注記・抄録

博士論文

新制・課程博士

甲第8477号

エネ博第16号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.1 研究の背景 / p1 (0007.jp2)
  5. 1.2 本研究の目的と意義 / p2 (0008.jp2)
  6. 第2章 概論 / p7 (0010.jp2)
  7. 2.1 金属材料における照射に対する強度特性変化 / p7 (0010.jp2)
  8. 2.2 微小試験片による材料評価 / p30 (0022.jp2)
  9. 第3章 オーステナイトモデル合金鋼のイオン照射による微細組織と強度の変化 / p46 (0030.jp2)
  10. 3.1 緒言 / p46 (0030.jp2)
  11. 3.2 イオン照射実験法 / p47 (0031.jp2)
  12. 3.3 実験 / p67 (0041.jp2)
  13. 第4章 集束イオンビーム加工法を用いた圧痕下断面TEM観察法の確立 / p98 (0056.jp2)
  14. 4.1 手法確立の意義 / p98 (0056.jp2)
  15. 4.2 オーステナイトモデル合金鋼の圧痕直下部分の3次元塑性変形組織観察 / p116 (0065.jp2)
  16. 4.3 結論 / p136 (0075.jp2)
  17. 第5章 圧痕下断面観察法による照射硬化機構の欠陥種依存性 / p139 (0077.jp2)
  18. 5.1 緒言 / p139 (0077.jp2)
  19. 5.2 実験方法 / p139 (0077.jp2)
  20. 5.3 格子間原子型転位ループが転位の運動に及ぼす相互作用 / p141 (0078.jp2)
  21. 5.4 キャビティ組織が転位の運動に及ぼす相互作用 / p151 (0083.jp2)
  22. 5.5 照射硬化及び塑性不安定性の欠陥種依存性 / p177 (0096.jp2)
  23. 5.6 イオン照射損傷層に対する硬さ変化の深さ依存性 / p189 (0102.jp2)
  24. 5.4 結論 / p198 (0107.jp2)
  25. 第6章 総括 / p202 (0109.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000188308
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188591
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000352622
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ