ドイツ・ロマン主義の自我・幻想・都市像 : ホフマン文学の独創性と現代性の研究

この論文をさがす

著者

    • 木野, 光司 キノ, ミツジ

書誌事項

タイトル

ドイツ・ロマン主義の自我・幻想・都市像 : ホフマン文学の独創性と現代性の研究

著者名

木野, 光司

著者別名

キノ, ミツジ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (文学)

学位授与番号

乙第10332号

学位授与年月日

2000-03-23

注記・抄録

博士論文

新制・論文博士

乙第10332号

論文博第382号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 【序論 ホフマン受容の歴史と本論考の課題】 / p1 (0007.jp2)
  4. 第1節 ドイツ・ロマン主義とE.T.A.ホフマン / p1 (0007.jp2)
  5. 第2節 各国におけるE.T.A.ホフマン受容の様態 / p3 (0008.jp2)
  6. 第3節 本論考の目標 / p16 (0015.jp2)
  7. 【第I部 ホフマンの想像力観と創作理論】 / p17 (0015.jp2)
  8. 第1章 ロマン主義的ユートピア / p17 (0015.jp2)
  9. 第1節 幻のユートピア / p18 (0016.jp2)
  10. 第2節 ユートピアの問題性 / p23 (0018.jp2)
  11. 第3節 狂気の中のユートピア / p26 (0020.jp2)
  12. 第2章 ホフマンが生きた現実 / p32 (0023.jp2)
  13. 第1節 司法公務員時代(1776-1806) / p32 (0023.jp2)
  14. 第2節 失意のベルリン・バンベルク時代(1807-1813) / p33 (0023.jp2)
  15. 第3節 ドレースデン・ライプツィヒでの音楽監督時代(1813-1822) / p35 (0024.jp2)
  16. 第3章 ユーモア作家への道 / p39 (0026.jp2)
  17. 第1節 クライスラー的葛藤の克服 / p39 (0026.jp2)
  18. 第2節 精神の二重性の認識 / p41 (0027.jp2)
  19. 第3節 ホフマンの想像力観の帰結 / p43 (0028.jp2)
  20. 第4章 ホフマンの「創作理論」の展開 / p44 (0029.jp2)
  21. 第1節「カロー風」がもつ独創性 / p45 (0029.jp2)
  22. 第2節「ゼラーピオン原理」の要諦 / p50 (0032.jp2)
  23. 【第II部 ホフマンの自然観および社会観】 / p56 (0035.jp2)
  24. 第1章 ロマン主義の自然観 / p56 (0035.jp2)
  25. 第1節 ノヴァーリスの自我観・自然観 / p57 (0035.jp2)
  26. 第2節 ホフマンの自我観・自然観 / p61 (0037.jp2)
  27. 第3節 ノヴァーリスとホフマンの対照的な自我観 / p65 (0039.jp2)
  28. 第4節 ホフマン文学における「自然描写」 / p67 (0040.jp2)
  29. 第2章 ホフマンの社会観 / p72 (0043.jp2)
  30. 第1節 ホフマンの社会観の変遷 / p72 (0043.jp2)
  31. 第2節 ホフマンの社会批判の対象 / p77 (0045.jp2)
  32. 第3節 プロイセン政府との対決 / p83 (0048.jp2)
  33. 【第III部 ロマン主義的心性を描く作品】 / p89 (0051.jp2)
  34. 第1章 世界初の「児童幻想文学」:『くるみ割り人形とねずみの王様』(1816) / p89 (0051.jp2)
  35. 第1節『子供のメルヒェン』の出版 / p89 (0051.jp2)
  36. 第2節 同時代のメルヒェン群 / p92 (0053.jp2)
  37. 第3節『くるみ割り人形』の独創性 / p94 (0054.jp2)
  38. 第4節 ホフマンの童話観 / p99 (0056.jp2)
  39. 第2章 ロマン主義的な自動人形:『砂男』(1815) / p100 (0057.jp2)
  40. 第1節「砂男」体験 / p101 (0057.jp2)
  41. 第2節「オリンピア」体験 / p102 (0058.jp2)
  42. 第3節「砂男」体験と「オリンピア」体験を繋ぐ糸 / p104 (0059.jp2)
  43. 第4節 残された謎 / p108 (0061.jp2)
  44. 第3章 ロマン主義者のサイコセラピー:『蚤の王』(1822) / p110 (0062.jp2)
  45. 第1節 生い立ち・発症の動機・現在の症状 / p110 (0062.jp2)
  46. 第2節 様々なセラピー / p113 (0063.jp2)
  47. 第3節 治療後に残された問題とその解決 / p117 (0065.jp2)
  48. 第4章 ロマン主義者への変身:『ブランビラ王女』(1820) / p119 (0066.jp2)
  49. 第1節「カプリッチョ」と「カロー風」 / p120 (0067.jp2)
  50. 第2節 中心理念 / p123 (0068.jp2)
  51. 第3節 ホフマンの夢の舞台 / p126 (0070.jp2)
  52. 第4節 物語を中断する物語群 / p130 (0072.jp2)
  53. 第5節『ブランビラ王女』の独創性 / p132 (0073.jp2)
  54. 第5章 ロマン主義的フモールの到達点:『牡猫ムルの猫生観』(1820/22) / p136 (0075.jp2)
  55. 第1節『牡猫ムル』の基本的特徴 / p137 (0075.jp2)
  56. 第2節『牡猫ムル』の二重構造 / p145 (0079.jp2)
  57. 第3節『牡猫ムル』の意義 / p154 (0084.jp2)
  58. 【第IV部 大都市ベルリンを描く作品】 / p159 (0086.jp2)
  59. 第1章 ホフマンと都市 / p159 (0086.jp2)
  60. 第1節 19世紀初頭の都市 / p159 (0086.jp2)
  61. 第2節 ホフマンの作品に登場する都市 / p160 (0087.jp2)
  62. 第3節 ホフマンの都市経験 / p161 (0087.jp2)
  63. 第2章 夜のベルリン幻想 / p165 (0089.jp2)
  64. 第1節 さまよえる音楽家の霊と孤独な青年:『騎士グルック』(1809) / p165 (0089.jp2)
  65. 第2節 大晦日に甦る「失われし夢」:『大晦日の冒険』(1815) / p168 (0091.jp2)
  66. 第3節 幽霊が似合うベルリンの夜:『花嫁選び』(1818) / p171 (0092.jp2)
  67. 第4節 夜のベルリン幻想の特徴 / p174 (0094.jp2)
  68. 第3章 白日のベルリンの魅力 / p176 (0095.jp2)
  69. 第1節 麗しき五月のティアガルテン:『三人の友の生活から』(1816) / p177 (0095.jp2)
  70. 第2節 ウンター・デン・リンデンに潜む謎:『廃屋』(1817) / p181 (0097.jp2)
  71. 第3節 過去を秘める美術館:『フェルマータ』(1815)・『総督と総督夫人』(1817) / p187 (0100.jp2)
  72. 第4節 昼のベルリンの描写法 / p190 (0102.jp2)
  73. 第4章 1820年代ベルリンの風俗 / p192 (0103.jp2)
  74. 第1節 戦後のベルリン風俗:『錯誤』(1820)・『秘密』(1821) / p192 (0103.jp2)
  75. 第2節 文学サークル:『ゼラーピオン同人集』(1818-1821) / p200 (0107.jp2)
  76. 第3節 末期の眼に映る庶民の情景:『いとこの家のコーナー窓』(1822) / p203 (0108.jp2)
  77. 第5章 ホフマンの「都市文学」の意義 / p204 (0109.jp2)
  78. 【結論】 / p207 (0110.jp2)
  79. 第1節 本論考の総括 / p207 (0110.jp2)
  80. 第2節 今後の展望 / p209 (0111.jp2)
  81. [引用文献リスト] / p211 (0112.jp2)
  82. [参考文献リスト] / p218 (0116.jp2)
  83. [ホフマン年譜] / p219 (0116.jp2)
32アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000188325
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188608
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000352639
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ