経験・言葉・表現 : 日本哲学史研究の試み

この論文をさがす

著者

    • 藤田, 正勝 フジタ, マサカツ

書誌事項

タイトル

経験・言葉・表現 : 日本哲学史研究の試み

著者名

藤田, 正勝

著者別名

フジタ, マサカツ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (文学)

学位授与番号

乙第10341号

学位授与年月日

2000-03-23

注記・抄録

博士論文

新制・論文博士

乙第10341号

論文博第391号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. はじめに / p1 (0006.jp2)
  4. 序章 日本の哲学?-他者との対話としての哲学- / p2 (0007.jp2)
  5. 1 問われる「日本の哲学」 / p2 (0007.jp2)
  6. 2 知をその根底から問う思惟 / p5 (0010.jp2)
  7. 3 他者との対話としての哲学 / p9 (0014.jp2)
  8. 第1章 純粋経験-西田哲学が問うもの- / p12 (0017.jp2)
  9. 1 主客二元論批判と純粋経験 / p12 (0017.jp2)
  10. 2 流動性の論理 / p15 (0020.jp2)
  11. 3 経験と言葉 / p17 (0022.jp2)
  12. 4 〈もの〉と〈こと〉 / p19 (0024.jp2)
  13. 5 歴史的世界における実践としての認識 / p21 (0026.jp2)
  14. 第2章 経験の哲学-『善の研究』と『精神現象学』- / p24 (0029.jp2)
  15. 1 「純粋経験」の動性とヘーゲルの弁証法 / p24 (0029.jp2)
  16. 2 経験の豊かさと言葉の真理性 / p28 (0033.jp2)
  17. 3 『善の研究』と『精神現象学』の体系的な位置 / p33 (0038.jp2)
  18. 第3章 経験をめぐって-ヘーゲル・ハイデガー・ガダマー- / p37 (0042.jp2)
  19. 1 ハイデガーによるヘーゲルの「経験」概念の解釈 / p37 (0042.jp2)
  20. 2 ガダマーの「経験」理解 / p38 (0043.jp2)
  21. 3 「理解」の歴史性 / p40 (0045.jp2)
  22. 4 地平の融合 / p41 (0046.jp2)
  23. 5 ガダマーのヘーゲル批判 / p43 (0048.jp2)
  24. 第4章 経験と言葉 / p45 (0050.jp2)
  25. 1 言葉の貌 / p45 (0050.jp2)
  26. 2 存在分節と言葉 / p47 (0052.jp2)
  27. 3 言葉のふくらみ / p48 (0053.jp2)
  28. 4 詩と二重の外示 / p49 (0054.jp2)
  29. 5 意味を分泌する言葉 / p50 (0055.jp2)
  30. 6 沈黙の語り / p52 (0057.jp2)
  31. 第5章 言葉と思索-あるいは日本語と哲学- / p54 (0059.jp2)
  32. 1 日本の哲学と言葉の問題 / p54 (0059.jp2)
  33. 2 西田の思索と言葉の問題 / p55 (0060.jp2)
  34. 3 主語のない言葉 / p57 (0062.jp2)
  35. 4 あいまいさと自在性 / p58 (0063.jp2)
  36. 5 時枝文法と日本語の特徴 / p59 (0064.jp2)
  37. 6 日本語の特徴と西田の〈場所〉論 / p62 (0067.jp2)
  38. 7 結び / p65 (0070.jp2)
  39. 第6章 生と哲学-フィヒテと西田幾多郎- / p67 (0072.jp2)
  40. 1 フィヒテとロマン主義 / p67 (0072.jp2)
  41. 2 フィヒテと西田幾多郎 / p68 (0073.jp2)
  42. 3 西田の「ロマン主義」理解 / p69 (0074.jp2)
  43. 4 生と哲学 / p69 (0074.jp2)
  44. 5 「人は知識学をもつのではなく、知識学である」 / p71 (0076.jp2)
  45. 6 新しいロマン主義 / p72 (0077.jp2)
  46. 第7章 生と表現 / p74 (0079.jp2)
  47. 1 西田幾多郎とディルタイ / p74 (0079.jp2)
  48. 2 自然科学と精神科学の方法 / p76 (0081.jp2)
  49. 3 眼と手-フィードラーの芸術論- / p80 (0085.jp2)
  50. 4 感情とその表現としての芸術 / p83 (0088.jp2)
  51. 5 フィードラーと西田の思想の差異 / p86 (0091.jp2)
  52. 第8章 哲学と文化 / p91 (0096.jp2)
  53. 1 抑圧された文化 / p91 (0096.jp2)
  54. 2 視覚と触覚 / p92 (0097.jp2)
  55. 3 聴くことと情念 / p93 (0098.jp2)
  56. 4 現実との生きた接触 / p94 (0099.jp2)
  57. 5 世界への能動的な関与 / p95 (0100.jp2)
  58. 6 想像力 / p98 (0103.jp2)
  59. 第9章 自己と他者 / p101 (0106.jp2)
  60. 1 自己の過剰と他者の過剰 / p101 (0106.jp2)
  61. 2 ブーバーの〈我一汝〉論 / p102 (0107.jp2)
  62. 3 西田哲学における〈他者〉 / p105 (0110.jp2)
  63. 4 非対称性-レヴィナスの他者論- / p109 (0114.jp2)
  64. 付論 西田哲学研究の歴史と現状 / p113 (0118.jp2)
  65. 1 西田哲学の展開と戦前の西田哲学批判 / p113 (0118.jp2)
  66. 2 戦後の西田哲学研究 / p124 (0129.jp2)
  67. 註 / p137 (0142.jp2)
  68. 参考文献 / p147 (0152.jp2)
42アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000188334
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188617
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000352648
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ