コメニウス教育学の研究

この論文をさがす

著者

    • 井ノ口, 淳三 イノクチ, ジュンゾウ

書誌事項

タイトル

コメニウス教育学の研究

著者名

井ノ口, 淳三

著者別名

イノクチ, ジュンゾウ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (教育学)

学位授与番号

乙第10347号

学位授与年月日

2000-03-23

注記・抄録

博士論文

新制・論文博士

乙第10347号

論教博第91号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 序章 日本におけるコメニウス研究の成果と課題 / p1 (0008.jp2)
  3. 1 国際的動向と発展段階の時期区分 / p1 (0008.jp2)
  4. 2 一九五七年以前の前史的段階 / p4 (0010.jp2)
  5. 3 一九五七年から一九六九年まで / p6 (0011.jp2)
  6. 4 一九七〇年から一九九一年まで / p8 (0012.jp2)
  7. 5 一九九二年前後から今日に至るまで / p11 (0013.jp2)
  8. 6 今後の課題と展望 / p15 (0015.jp2)
  9. 第I部 すべての人に / p23 (0019.jp2)
  10. 第1章『地上の迷宮と魂の楽園』におけるコメニウスの意図 / p24 (0020.jp2)
  11. 1「すべての人にすべての事柄を教授すること」への志向 / p24 (0020.jp2)
  12. 2『地上の迷宮と魂の楽園』の成立と概要 / p26 (0021.jp2)
  13. 3 家庭と職人の諸相 / p30 (0023.jp2)
  14. 4 二人の案内人の役割 / p37 (0026.jp2)
  15. 第2章「すべての人」の内容 / p42 (0029.jp2)
  16. 1 すべての人への教育の必要性と可能性 / p42 (0029.jp2)
  17. 2「すべての人」の意味する内容 / p50 (0033.jp2)
  18. 3 いかにして「すべての人」を教育するのか / p53 (0034.jp2)
  19. 第3章 幼児教育論の展開 / p58 (0037.jp2)
  20. 1 幼児教育の位置づけ / p58 (0037.jp2)
  21. 2 母親学校の教育内容 / p61 (0038.jp2)
  22. 3 汎知学の体系化と幼児教育 / p64 (0040.jp2)
  23. 4『汎教育』の幼児教育論 / p68 (0042.jp2)
  24. 第4章『母親学校の指針』の年齢区分 / p74 (0045.jp2)
  25. 1『母親学校の指針』の特色 / p74 (0045.jp2)
  26. 2 年齢区分の意義 / p80 (0048.jp2)
  27. 3 子どもの観察による知見 / p83 (0049.jp2)
  28. 第5章「生涯にわたる教育」の構想 / p86 (0051.jp2)
  29. 1 コメニウスと生涯教育論 / p86 (0051.jp2)
  30. 2『大教授学』におけるおとなの教育 / p89 (0052.jp2)
  31. 3『汎教育』における教育対象年齢の拡張 / p94 (0055.jp2)
  32. 4 教授学と汎知学の相互関係 / p99 (0057.jp2)
  33. 第II部 すべてのことを / p103 (0059.jp2)
  34. 第6章『言語の扉』の意義 / p104 (0060.jp2)
  35. 1『言語の扉』の言語教科書としての可能性 / p104 (0060.jp2)
  36. 2『言語の扉』に対する評価 / p109 (0062.jp2)
  37. 3 教科書への関心と汎知学の進展 / p114 (0065.jp2)
  38. 4『言語の扉』から『世界図絵』へ / p117 (0066.jp2)
  39. 第7章『開かれた言語の前庭』における精選の原理 / p122 (0069.jp2)
  40. 1「すべてのこと」と精選の原理 / p122 (0069.jp2)
  41. 2『開かれた言語の前庭』の位置 / p124 (0070.jp2)
  42. 3『ラテン語の前庭の補逸』の特質 / p131 (0073.jp2)
  43. 第8章 コメニウスの教科書と汎知学の展開 / p140 (0078.jp2)
  44. 1 汎知学の二つの概念 / p140 (0078.jp2)
  45. 2 二つの側面と二つの概念との関係 / p142 (0079.jp2)
  46. 3 言語・事物・本質の関連 / p146 (0081.jp2)
  47. 第III部 教授学と汎知学の接点『世界図絵』 / p149 (0082.jp2)
  48. 第9章『世界図絵』の意義 / p150 (0083.jp2)
  49. l 子どものための絵本としての評価 / p150 (0083.jp2)
  50. 2 視覚に訴える教科書 / p156 (0086.jp2)
  51. 3 バラ十字団の隠喩 / p162 (0089.jp2)
  52. 4 汎知学の全体像を示した著作 / p167 (0091.jp2)
  53. 第10章『世界図絵』の異版本 / p174 (0095.jp2)
  54. 1 英訳一七七七年版の影響 / p174 (0095.jp2)
  55. 2 一七七七年版の主な変更内容 / p177 (0096.jp2)
  56. 3 一七七七年版の問題点 / p182 (0099.jp2)
  57. 第11章 『世界図絵』の「第II部」の出現 / p186 (0101.jp2)
  58. 1『世界図絵』の「第II部」の出版 / p186 (0101.jp2)
  59. 2「第II部」の特徴 / p190 (0103.jp2)
  60. 3「第II部」の徳育的性格 / p194 (0105.jp2)
  61. 第12章『世界図絵』の挿絵 / p205 (0110.jp2)
  62. 1 挿絵の持つ意味 / p205 (0110.jp2)
  63. 2 各版の挿絵の比較 / p206 (0111.jp2)
  64. 3 マルチメディア教材の原点 / p215 (0115.jp2)
  65. 4 『世界図絵』の挿絵の手法 / p217 (0116.jp2)
  66. 第IV部 教授の技法と教師 / p223 (0119.jp2)
  67. 第13章「教授学」とクラス / p224 (0120.jp2)
  68. 1『教授学』と『大教授学』の成立事情 / p224 (0120.jp2)
  69. 2『教授学』におけるクラス / p227 (0121.jp2)
  70. 3 当時の教授学 / p231 (0123.jp2)
  71. 4 当時の教授形態 / p233 (0124.jp2)
  72. 第14章 クラスの起源 / p238 (0127.jp2)
  73. 1 汎知学の展開とクラスの成立 / p238 (0127.jp2)
  74. 2 コメニウス以後の学級教授 / p240 (0128.jp2)
  75. 3 コメニウス起源説をめぐって / p241 (0128.jp2)
  76. 第15章 教授法の改革と教師の資質 / p247 (0131.jp2)
  77. 1 教師論の成立 / p247 (0131.jp2)
  78. 2 教授法の改革と教師の力量 / p249 (0132.jp2)
  79. 3 教授者の労苦の軽減 / p251 (0133.jp2)
  80. 4 教師の責任の重視 / p253 (0134.jp2)
  81. 5 教授と学習との関係 / p255 (0135.jp2)
  82. 6『汎教育』における教師の資質 / p258 (0137.jp2)
  83. あとがき / p263 (0139.jp2)
  84. 人名索引/事項索引/引用文献一覧 / p1 (0145.jp2)
21アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000188340
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188623
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000352654
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ