急性T細胞性白血病におけるTAL1とLMOファミリーの協調的転写活性化機構の解析

この論文をさがす

著者

    • 尾野, 雄一 オノ, ユウイチ

書誌事項

タイトル

急性T細胞性白血病におけるTAL1とLMOファミリーの協調的転写活性化機構の解析

著者名

尾野, 雄一

著者別名

オノ, ユウイチ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

乙第10366号

学位授与年月日

2000-03-23

注記・抄録

博士論文

要旨pdfファイル:タイトル「急性T細胞性白血病におけるTAL1とLMOファミリーの強調的転写活性化機構の解析」

新制・論文博士

乙第10366号

論理博第1382号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0005.jp2)
  3. 要旨 / p2 (0006.jp2)
  4. 第一章 序論 / p3 (0007.jp2)
  5. 第二章 材料と方法 / p13 (0017.jp2)
  6. 第三章 結果 / p21 (0025.jp2)
  7. (1)T-ALL由来細胞株におけるTAL1およびLMOファミリーの発現 / p21 (0025.jp2)
  8. (2)TAL1とLMO1によるTALLA-1の発現誘導 / p22 (0026.jp2)
  9. (3)Subtractive PCRを用いたTAL1の下流ターゲット遺伝子の同定 / p27 (0031.jp2)
  10. (4)RALDH2遺伝子のゲノムおよびmRNAの構造 / p35 (0039.jp2)
  11. (5)RALDH2-Tプロモーターの解析 / p36 (0040.jp2)
  12. (6)RALDH2-TプロモーターのGATA配列に結合する因子の同定 / p41 (0045.jp2)
  13. (7)TAL1とLMOによるRALDH2-Tプロモーター活性化へのGATA3の関与 / p43 (0047.jp2)
  14. (8)TAL1-LMO-GATA3複合体の形成 / p45 (0049.jp2)
  15. (9)GATA3のDNA結合能の必要性 / p47 (0051.jp2)
  16. (10)TAL1のDNA結合能の必要性 / p51 (0055.jp2)
  17. (11)GATA配列を介したTAL1-LMO-GATA3複合体による転写活性化 / p54 (0058.jp2)
  18. (12)RALDH2-Tの機能 / p54 (0058.jp2)
  19. 第四章 考察 / p58 (0062.jp2)
  20. (1)T-ALL発症におけるTAL1とLMOの協調的作用 / p58 (0062.jp2)
  21. (2)TAL1とLMOの下流ターゲット遺伝子の同定 / p59 (0063.jp2)
  22. (3)RALDH2-Tプロモーターの転写調節メカニズム / p61 (0065.jp2)
  23. (4)複合体形成におけるLMOファミリーの役割 / p66 (0070.jp2)
  24. (5)TAL1およびLMOと協調して働くT細胞特異的因子 / p69 (0073.jp2)
  25. (6)T-ALL発症メカニズム / p70 (0074.jp2)
  26. 謝辞 / p73 (0077.jp2)
  27. 引用文献 / p74 (0078.jp2)
  28. 転写因子TAL1およびLMOの血球分化およびT細胞がん化における協調的作用 / p269 (0105.jp2)
  29. An Activation-Responsive Element in Single C Motif-1/Lymphotactin Promoter Is a Site of Constitutive and Inducible DNA-Protein Interactions Involving Nuclear Factor of Activated T Cell¹ / (0111.jp2)
  30. Identification of a Putative RNA Helicase(HRH1),a Human Homolog of Yeast Prp22 / p7611 (0121.jp2)
  31. Control of Drosophila Sex-lethal pre-mRNA splicing by its own female-specific product / p5533 (0132.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000188359
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188642
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000352673
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ