連続繊維補強材を用いたコンクリート部材の長期性状に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 服部, 篤史 ハットリ, アツシ

書誌事項

タイトル

連続繊維補強材を用いたコンクリート部材の長期性状に関する研究

著者名

服部, 篤史

著者別名

ハットリ, アツシ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第10376号

学位授与年月日

2000-03-23

注記・抄録

博士論文

新制・論文博士

乙第10376号

論工博第3490号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章 緒論 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.本論文の背景 / p1 (0007.jp2)
  5. 2.本論文の目的 / p6 (0010.jp2)
  6. 3.本論文の構成 / p7 (0010.jp2)
  7. 参考文献 / p9 (0011.jp2)
  8. 第2章 連続繊維補強材を用いたコンクリート部材の長期性状に関する既往の研究 / p11 (0012.jp2)
  9. 1.連続繊維補強材の耐アルカリ性 / p11 (0012.jp2)
  10. 2.連続繊維補強材のコンクリートとの付着とその長期性状 / p20 (0017.jp2)
  11. 参考文献 / p34 (0024.jp2)
  12. 第3章 連続繊維棒材の耐アルカリ性と引張性状 / p41 (0027.jp2)
  13. 1.本章の目的 / p41 (0027.jp2)
  14. 2.実験概要 / p42 (0028.jp2)
  15. 3.浸漬中の状況 / p48 (0031.jp2)
  16. 4.表面および断面の観察 / p50 (0032.jp2)
  17. 5.引張試験 / p58 (0036.jp2)
  18. 6.PCはりの曲げ試験 / p62 (0038.jp2)
  19. 7.本章のまとめ / p64 (0039.jp2)
  20. 参考文献 / p67 (0040.jp2)
  21. 第4章 連続繊維棒材の耐アルカリ性とコンクリートとの付着性状 / p69 (0041.jp2)
  22. 1.本章の目的 / p69 (0041.jp2)
  23. 2.実験概要 / p70 (0042.jp2)
  24. 3.樹脂板の吸水と微小硬度 / p78 (0046.jp2)
  25. 4.連続繊維棒材の吸水と微小硬度 / p82 (0048.jp2)
  26. 5.連視繊維棒材の付着特性 / p85 (0049.jp2)
  27. 6.本章のまとめ / p96 (0055.jp2)
  28. 参考文献 / p98 (0056.jp2)
  29. 第5章 連続繊維棒材の引抜き荷重下での付着特性とその長期性状 / p99 (0056.jp2)
  30. 1.本章の目的 / p99 (0056.jp2)
  31. 2.実験概要 / p99 (0056.jp2)
  32. 3.片引試験 / p103 (0058.jp2)
  33. 4.付着クリープ試験 / p108 (0061.jp2)
  34. 5.本章のまとめ / p113 (0063.jp2)
  35. 参考文献 / p108 (0061.jp2)
  36. 第6章 連続繊維補強材の定着付着および曲げ付着とその長期性状 / p117 (0065.jp2)
  37. 1.本章の目的 / p117 (0065.jp2)
  38. 2.実験概要 / p117 (0065.jp2)
  39. 3.定着試験 / p123 (0068.jp2)
  40. 4.曲げ試験 / p134 (0074.jp2)
  41. 5.本章のまとめ / p136 (0075.jp2)
  42. 参考文献 / p138 (0076.jp2)
  43. 第7章 過酷環境下における連続繊維シートによるコンクリート構造物の補修・補強 / p141 (0077.jp2)
  44. 1.本章の目的 / p141 (0077.jp2)
  45. 2.実験概要 / p141 (0077.jp2)
  46. 3.連続繊維シート,樹脂およびFRP板の耐酸性 / p150 (0082.jp2)
  47. 4.コンクリートの曲げ補強効果とその耐酸性 / p153 (0083.jp2)
  48. 5.ヒューム管の外圧補強効果 / p161 (0087.jp2)
  49. 6.本章のまとめ / p164 (0089.jp2)
  50. 参考文献 / p166 (0090.jp2)
  51. 第8章 結論 / p167 (0090.jp2)
  52. 謝辞 / p173 (0093.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000188369
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188652
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000352683
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ