地域日射量の算定方法に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 紙井, 泰典 カミイ, ヤスノリ

書誌事項

タイトル

地域日射量の算定方法に関する研究

著者名

紙井, 泰典

著者別名

カミイ, ヤスノリ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (農学)

学位授与番号

乙第10429号

学位授与年月日

2000-03-23

注記・抄録

博士論文

新制・論文博士

乙第10429号

論農博第2308号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0005.jp2)
  3. 第1章 緒論 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.1 斜面日射量推定の必要性と問題点 / p1 (0006.jp2)
  5. 1.2 日射量の気候学的推定法 / p3 (0007.jp2)
  6. 1.3 全天日射量の直達・散乱日射量分離 / p5 (0008.jp2)
  7. 1.4 本論文の構成 / p6 (0009.jp2)
  8. 第2章 日量及び月の日射量推定理論 / p7 (0009.jp2)
  9. 2.1 従来の全天日射量推定式 / p7 (0009.jp2)
  10. 2.2 従来の直達・散乱日射量推定式 / p16 (0014.jp2)
  11. 2.3 筆者の全天日射量推定式 / p20 (0016.jp2)
  12. 2.4 筆者の直達・散乱日射量推定式 / p40 (0026.jp2)
  13. 第3章 全天日射量の直達・散乱日射量への分離 / p54 (0033.jp2)
  14. 3.1 直達・散乱日射量分離の意義 / p54 (0033.jp2)
  15. 3.2 従来の直達・散乱日射量分離式 / p55 (0033.jp2)
  16. 3.3 二段階推定法の試み / p61 (0036.jp2)
  17. 3.4 新しい直達・散乱日射量分離式の提案 / p76 (0044.jp2)
  18. 第4章 斜面日射量の推定 / p85 (0048.jp2)
  19. 4.1 直達・散乱日射量を用いた斜面日射量の推定 / p85 (0048.jp2)
  20. 4.2 直達・散乱日射量の分離評価 / p87 (0049.jp2)
  21. 4.3 斜面方位と勾配 / p92 (0052.jp2)
  22. 4.4 遮蔽高度と斜面日射量 / p95 (0053.jp2)
  23. 第5章 結論 / p105 (0058.jp2)
  24. 引用文献 / p106 (0059.jp2)
  25. 謝辞 / p111 (0061.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000188422
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188705
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000352736
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ