シールドトンネル縦断方向の地震時挙動に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 何, 川 カ, セン

書誌事項

タイトル

シールドトンネル縦断方向の地震時挙動に関する研究

著者名

何, 川

著者別名

カ, セン

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第1390号

学位授与年月日

1999-12-02

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1-1 研究の目的 / p2 (0006.jp2)
  4. 1-2 従来の研究 / p5 (0008.jp2)
  5. 1-3 研究の概要および論文の構成 / p12 (0011.jp2)
  6. 参考文献 / p14 (0012.jp2)
  7. 第2章 シールドトンネルの模型振動実験 / p21 (0016.jp2)
  8. 2-1 対象としたシールドトンネルと地盤 / p22 (0017.jp2)
  9. 2-2 相似則 / p27 (0020.jp2)
  10. 2-3 相似模型 / p28 (0020.jp2)
  11. 2-4 実験概要 / p33 (0023.jp2)
  12. 参考文献 / p39 (0026.jp2)
  13. 第3章 シールドトンネル縦断方向の解析手法とそのモデル / p40 (0026.jp2)
  14. 3-1 線状地中構造物の縦断方向の耐震解析手法とその評価 / p41 (0027.jp2)
  15. 3-2 本研究に用いた解析手法 / p49 (0031.jp2)
  16. 参考文献 / p74 (0044.jp2)
  17. 第4章 地震動が軸直角方向に作用する場合の模型振動実験結果と解析結果およびその考察 / p76 (0045.jp2)
  18. 4-1 通過地盤が急変する場合 / p77 (0046.jp2)
  19. 4-2 基盤からの層厚が急変する場合 / p99 (0057.jp2)
  20. 参考文献 / p115 (0065.jp2)
  21. 第5章 地震動が軸方向に作用する場合の模型振動実験結果と解析結果およびその考察 / p116 (0066.jp2)
  22. 5-1 通過地盤が急変する場合 / p117 (0067.jp2)
  23. 5-2 基盤からの層厚が急変する場合 / p139 (0078.jp2)
  24. 参考文献 / p155 (0086.jp2)
  25. 第6章 結論 / p156 (0087.jp2)
  26. 謝辞 / p162 (0091.jp2)
  27. 論文概要 / p163 (0092.jp2)
  28. SUMMARY / p168 (0095.jp2)
  29. 研究業績 / p176 (0100.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000188443
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188726
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000352757
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ