量子ダイナミクスと確率過程

この論文をさがす

著者

    • 今福, 健太郎 イマフク, ケンタロウ

書誌事項

タイトル

量子ダイナミクスと確率過程

著者名

今福, 健太郎

著者別名

イマフク, ケンタロウ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第1419号

学位授与年月日

2000-03-02

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0004.jp2)
  3. 1.1 背景 / p1 (0004.jp2)
  4. 1.2 本論文の構成 / p4 (0006.jp2)
  5. 第2章 トンネル現象の解析とNelsonの量子力学 / p7 (0007.jp2)
  6. 2.1 いわゆる“トンネル時間”について / p7 (0007.jp2)
  7. 2.2 Nelsonの量子力学 / p10 (0009.jp2)
  8. 2.3 Nelsonの量子力学によるトンネル現象の解析 / p14 (0011.jp2)
  9. 2.4 Nelsonの量子力学の拡張 / p20 (0014.jp2)
  10. 2.5 第2章のまとめ / p34 (0021.jp2)
  11. 第3章 “トンネル時間”の周辺 / p53 (0030.jp2)
  12. 3.1 相対論的波動方程式の逓減領域の群速度 / p53 (0030.jp2)
  13. 3.2 量子力学における時間発展の測定法とトンネル現象への応用 / p57 (0032.jp2)
  14. 3.3 第3章のまとめ / p61 (0034.jp2)
  15. 第4章 量子論的ノイズと確率共鳴現象 / p71 (0039.jp2)
  16. 4.1 確率共鳴現象 / p71 (0039.jp2)
  17. 4.2 開放系量子力学と量子論的ノイズの導入 / p73 (0040.jp2)
  18. 4.3 モデル-スピン・ボソン系- / p74 (0041.jp2)
  19. 4.4 確率極限近似 / p77 (0042.jp2)
  20. 4.5 スピン・ボソン系における確率共鳴現象 / p82 (0045.jp2)
  21. 4.6 第4章のまとめ / p85 (0046.jp2)
  22. 第5章 本研究のまとめと展望 / p97 (0052.jp2)
  23. 5.1 確率過程による量子力学系の記述について / p97 (0052.jp2)
  24. 5.2 確率極限近似による多自由度量子系の時間発展の解析について / p98 (0053.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000188472
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188755
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000352786
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ