両生類変態期の赤血球転換機構に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 長谷部, 孝 ハセベ, タカシ

書誌事項

タイトル

両生類変態期の赤血球転換機構に関する研究

著者名

長谷部, 孝

著者別名

ハセベ, タカシ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第1452号

学位授与年月日

2000-03-15

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 本研究の目的と意義 / p1 (0007.jp2)
  3. 第2章 ウシガエル幼生型および成体型赤血球の分離とそれぞれの細胞群から抽出したゲノムDNAの電気泳動パターンの比較 / p7 (0013.jp2)
  4. 第1節 序論 / p7 (0013.jp2)
  5. 第2節 材料と方法 / p9 (0015.jp2)
  6. (1)動物 / p9 (0015.jp2)
  7. (2)赤血球の調製 / p9 (0015.jp2)
  8. (3)幼生型赤血球と成体型赤血球の分離 / p10 (0016.jp2)
  9. (4)赤血球からのへモグロビン抽出と電気泳動による分離 / p11 (0017.jp2)
  10. (5)ゲノムDNAの抽出 / p12 (0018.jp2)
  11. (6)アガロースゲル電気泳動によるゲノムDNAの分離 / p12 (0018.jp2)
  12. (7)EtBrで染色したゲルのスキャンとコンピューターによるDNAの半定量 / p13 (0019.jp2)
  13. 第3節 結果 / p15 (0021.jp2)
  14. 第4節 考察 / p28 (0034.jp2)
  15. 第3章 赤血球の内因性エンドヌクレアーゼ活性 / p33 (0039.jp2)
  16. 第1節 序論 / p33 (0039.jp2)
  17. 第2節 材料と方法 / p35 (0041.jp2)
  18. (1)アクティヴィティーゲル法によるDNase活性の検出 / p35 (0041.jp2)
  19. (2)plasmid DNAを用いたエンドヌクレアーゼ活性の検出 / p36 (0042.jp2)
  20. (3)内因性エンドヌクレアーゼによるゲノムDNAの消化 / p38 (0044.jp2)
  21. 第3節 結果 / p39 (0045.jp2)
  22. 第4節 考察 / p46 (0052.jp2)
  23. 第4章 変態最盛期における幼生型赤血球の特異的消失 / p49 (0055.jp2)
  24. 第1節 序論 / p49 (0055.jp2)
  25. 第2節 材料と方法 / p51 (0057.jp2)
  26. (1)動物 / p51 (0057.jp2)
  27. (2)赤血球の蛍光標識 / p51 (0057.jp2)
  28. (3)標識した赤血球の注入と追跡 / p52 (0058.jp2)
  29. 第3節 結果 / p55 (0061.jp2)
  30. 第4節 考察 / p57 (0063.jp2)
  31. 第5章 変態最盛期に消失する幼生型赤血球の運命 / p59 (0065.jp2)
  32. 第1節 序論 / p59 (0065.jp2)
  33. 第二節 材料と方法 / p61 (0067.jp2)
  34. (1)動物 / p61 (0067.jp2)
  35. (2)肝臓、脾臓の免疫染色 / p61 (0067.jp2)
  36. (3)染色画像の解析 / p63 (0069.jp2)
  37. 第3節 結果 / p64 (0070.jp2)
  38. 第4節 考察 / p68 (0074.jp2)
  39. 第6章 変態期における赤血球タンパク質の質的変化 / p72 (0078.jp2)
  40. 第1節 序論 / p72 (0078.jp2)
  41. 第2節 材料と方法 / p74 (0080.jp2)
  42. (1)動物 / p74 (0080.jp2)
  43. (2)特殊な試薬 / p74 (0080.jp2)
  44. (3)赤血球タンパク質の可溶化 / p74 (0080.jp2)
  45. (4)赤血球タンパク質の二次元甘電気泳動 / p75 (0081.jp2)
  46. 第3節 結果 / p77 (0083.jp2)
  47. 第4節 考察 / p79 (0085.jp2)
  48. 第7章 本論文の要約と今後の展望 / p81 (0087.jp2)
  49. 謝辞 / p89 (0095.jp2)
  50. 参考文献 / p90 (0096.jp2)
  51. 履歴書及び研究業績 / (0104.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000188505
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188788
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000352819
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ