満足感計測システムの開発と設計への応用 Development of satisfaction measurement system and its appilication to design manzokukan keisoku shisutemu no kaihatsu to sekkei eno oyo

この論文をさがす

著者

    • 松永, 久 マツナガ, ヒサシ

書誌事項

タイトル

満足感計測システムの開発と設計への応用

タイトル別名

Development of satisfaction measurement system and its appilication to design

タイトル別名

manzokukan keisoku shisutemu no kaihatsu to sekkei eno oyo

著者名

松永, 久

著者別名

マツナガ, ヒサシ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第1458号

学位授与年月日

2000-03-15

注記・抄録

博士論文

制度:新 ; 文部省報告番号:甲1458号 ; 学位の種類:博士(工学) ; 授与年月日:2000-03-15 ; 早大学位記番号:新2976 ; 理工学図書館請求番号:2430

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 研究の背景 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 従来の研究 / p2 (0007.jp2)
  5. 1.3 対象とする満足感と研究目的 / p9 (0010.jp2)
  6. 1.4 研究方法 / p12 (0012.jp2)
  7. 1.5 研究の意義 / p13 (0012.jp2)
  8. 1.6 本論文の構成 / p15 (0013.jp2)
  9. 第2章 満足感を計測するための生理指標 / p17 (0014.jp2)
  10. 2.1 はじめに / p17 (0014.jp2)
  11. 2.2 心理的計測 / p18 (0015.jp2)
  12. 2.3 生理的計測 / p22 (0017.jp2)
  13. 2.4 考察 / p29 (0020.jp2)
  14. 2.5 まとめ / p34 (0023.jp2)
  15. 第3章 ニューラルネットワークを用いた満足感計測システムの開発 / p35 (0023.jp2)
  16. 3.1 はじめに / p35 (0023.jp2)
  17. 3.2 ニューラルネットワークによる満足感評価 / p36 (0024.jp2)
  18. 3.3 満足感計測システムの構成 / p44 (0028.jp2)
  19. 3.4 満足感計測システムの検証実験 / p48 (0030.jp2)
  20. 3.5 考察 / p57 (0034.jp2)
  21. 3.6 まとめ / p58 (0035.jp2)
  22. 第4章 総合的な価値判断の結果としての満足感の非言語的感性表現 / p59 (0035.jp2)
  23. 4.1 はじめに / p59 (0035.jp2)
  24. 4.2 人間の価値判断に着目した感性表現 / p60 (0036.jp2)
  25. 4.3 ビデオ鑑賞時の満足感評価 / p61 (0036.jp2)
  26. 4.4 MWLと満足感との関係 / p71 (0041.jp2)
  27. 4.5 考察 / p77 (0044.jp2)
  28. 4.6 まとめ / p85 (0048.jp2)
  29. 第5章 満足感を評価項目とした設計手法 / p86 (0049.jp2)
  30. 5.1 はじめに / p86 (0049.jp2)
  31. 5.2 満足感を評価項目とした設計手法の提案 / p87 (0050.jp2)
  32. 5.3 満足感を評価項目とした設計手法 / p88 (0050.jp2)
  33. 5.4 設計手法の適用 / p91 (0052.jp2)
  34. 5.5 考察 / p98 (0055.jp2)
  35. 5.6 まとめ / p99 (0056.jp2)
  36. 第6章 人間の満足感に適応するヒューマンマシンインターフェースの開発 / p100 (0056.jp2)
  37. 6.1 はじめに / p100 (0056.jp2)
  38. 6.2 人間の満足感に適応するヒューマンマシンインターフェースの提案 / p101 (0057.jp2)
  39. 6.3 プロトタイプの開発 / p104 (0058.jp2)
  40. 6.4 作業方式の違いによる満足感の比較 / p110 (0061.jp2)
  41. 6.5 人間指向バイオフィードバック / p115 (0064.jp2)
  42. 6.6 考察 / p120 (0066.jp2)
  43. 6.7 まとめ / p123 (0068.jp2)
  44. 第7章 人間の満足感を理解して適応するロボットの実体化と行動生成の検討 / p124 (0068.jp2)
  45. 7.1 はじめに / p124 (0068.jp2)
  46. 7.2 人間の満足感に適応するロボット開発の方法 / p126 (0069.jp2)
  47. 7.3 人間の満足感に基づく心の理論を有するロボットの提案 / p128 (0070.jp2)
  48. 7.4 ロボットの実体化 / p130 (0071.jp2)
  49. 7.5 評価実験 / p133 (0073.jp2)
  50. 7.6 考察と今後の研究 / p144 (0078.jp2)
  51. 7.7 まとめ / p147 (0080.jp2)
  52. 第8章 結論 / p148 (0080.jp2)
  53. 8.1 本論文の総括 / p148 (0080.jp2)
  54. 8.2 社会技術システムにおける満足感を考慮した設計方法 / p151 (0082.jp2)
  55. 8.3 今後の展望 / p153 (0083.jp2)
  56. 付録 / p156 (0084.jp2)
  57. 参考文献 / p162 (0087.jp2)
  58. 謝辞 / p176 (0094.jp2)
  59. 研究業績 / p177 (0095.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000188511
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188794
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000352825
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ