利用者行動からみたレジャー施設に関する建築計画学的研究 riyosha kodo kara mita reja shisetsu ni kansuru kenchiku keikakugakuteki kenkyu

この論文をさがす

著者

    • 山口, 有次 ヤマグチ, ユウジ

書誌事項

タイトル

利用者行動からみたレジャー施設に関する建築計画学的研究

タイトル別名

riyosha kodo kara mita reja shisetsu ni kansuru kenchiku keikakugakuteki kenkyu

著者名

山口, 有次

著者別名

ヤマグチ, ユウジ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第1461号

学位授与年月日

2000-03-02

注記・抄録

博士論文

制度:新 ; 文部省報告番号:甲1461号 ; 学位の種類:博士(工学) ; 授与年月日:2000-03-2 ; 早大学位記番号:新2979 ; 理工学図書館請求番号:2448

目次

  1. [目次] / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 研究目的 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 研究背景と研究領域 / p1 (0006.jp2)
  5. 1.3 論文構成 / p13 (0018.jp2)
  6. 第2章 レジャーの概念整理と用語の定義 / p15 (0020.jp2)
  7. 2.1 レジャー史からみたレジャーのパラダイムシフト / p15 (0020.jp2)
  8. 2.2 レジャー時間からみたレジャー概念の変化 / p17 (0022.jp2)
  9. 2.3 レジャー活動からみたレジャー概念の変化 / p19 (0024.jp2)
  10. 2.4 レジャーとその類似語の概念整理 / p22 (0027.jp2)
  11. 2.5 レジャー用語の定義 / p29 (0034.jp2)
  12. 第3章 レジャー時空間研究の体系 / p33 (0038.jp2)
  13. 3.1 レジャー時空間研究の位置付け / p33 (0038.jp2)
  14. 3.2 レジャー時空間研究の体系 / p38 (0043.jp2)
  15. 第4章 レジャー時空間の時間量について / p41 (0046.jp2)
  16. 4.1 レジャー時空間の新規導入と配置 / p42 (0047.jp2)
  17. 4.2 レジャー時空間の休憩・飲食効果 / p51 (0056.jp2)
  18. 4.3 レジャー時空間のバリアフリー / p65 (0070.jp2)
  19. 第5章 レジャー時空間の心理量について / p74 (0079.jp2)
  20. 5.1 レジャー時空間の参加性向上 / p75 (0080.jp2)
  21. 5.2 レジャー時空間の空間単位と質的評価手法 / p86 (0091.jp2)
  22. 5.3 レジャー時空間の混在化対応 / p109 (0114.jp2)
  23. 第6章 レジャー時空間の連関について / p122 (0127.jp2)
  24. 6.1 レジャー時空間の回遊性 / p123 (0128.jp2)
  25. 6.2 レジャー時空間の複合利用 / p136 (0141.jp2)
  26. 6.3 レジャー時空間のネットワーク化 / p149 (0154.jp2)
  27. 6.4 レジャー時空間のノーマライゼーション / p159 (0164.jp2)
  28. 第7章 結論 / p169 (0174.jp2)
  29. 謝辞 / p174 (0179.jp2)
  30. 参考文献 / p175 (0180.jp2)
  31. 研究業績 / p199 (0204.jp2)
  32. 付録1 『日本のレジャー史』 / p204 (0209.jp2)
  33. 〃2 『レジャー時間の増加』 / p211 (0216.jp2)
  34. 〃3 『レジャー活動の歴史変遷』 / p212 (0217.jp2)
  35. 〃4 『遊園地における遊戯施設の利用行動特性』 / p216 (0221.jp2)
  36. 〃5 『大規模複合施設における休憩・飲食行動の効果』 / p217 (0222.jp2)
  37. 〃6 『障害者の利用を考慮したスキー場計画』 / p218 (0223.jp2)
  38. 〃7 『レジャー施設における参加性向上の需要と効果』 / p219 (0224.jp2)
  39. 〃8 『同伴グループ内の対人距離からみた空間評価』 / p221 (0226.jp2)
  40. 〃9 『スキーヤーとスノーボーダーの行動特性の違い』 / p223 (0228.jp2)
  41. 〃10 『複数利用行動からみたレジャー施設の複合化』 / p225 (0230.jp2)
  42. 〃11 『ネットワーク社会におけるコミュニケーション空間』 / p226 (0231.jp2)
  43. 〃12 『並行配置されたスロープと階段の歩行選択』 / p227 (0232.jp2)
13アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000188514
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188797
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000352828
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ