ロバストなパノラマ画像生成に関する研究 robasutona panorama gazo seisei ni kansuru kenkyu

この論文をさがす

著者

    • 星野, 准一 ホシノ, ジュンイチ

書誌事項

タイトル

ロバストなパノラマ画像生成に関する研究

タイトル別名

robasutona panorama gazo seisei ni kansuru kenkyu

著者名

星野, 准一

著者別名

ホシノ, ジュンイチ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士 (情報科学)

学位授与番号

乙第1476号

学位授与年月日

1999-06-17

注記・抄録

博士論文

制度:新 ; 文部省報告番号:乙1476号 ; 学位の種類:博士(情報科学) ; 授与年月日:1999/6/17 ; 早大学位記番号:新2858 ; 理工学図書館請求番号:2395

本文PDFは平成22年度国立国会図書館の学位論文(博士)のデジタル化実施により作成された画像ファイルをPDFに変換したものである。

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 はじめに / p9 (0007.jp2)
  3. 1.1 序言 / p9 (0007.jp2)
  4. 1.2 関連する研究 / p11 (0008.jp2)
  5. 1.3 本研究の貢献 / p14 (0010.jp2)
  6. 1.4 本論文の構成 / p15 (0010.jp2)
  7. 第2章 ロバストなパノラマ画像の生成 / p17 (0011.jp2)
  8. 2.1 システムの概要 / p17 (0011.jp2)
  9. 2.2 射影変換によるパノラマ画像の生成 / p18 (0012.jp2)
  10. 2.3 問題と解決のアプローチ / p24 (0015.jp2)
  11. 2.4 まとめ / p25 (0015.jp2)
  12. 第3章 カメラ配置情報の参照 / p31 (0018.jp2)
  13. 3.1 はじめに / p31 (0018.jp2)
  14. 3.2 射影変換パラメータの予測 / p32 (0019.jp2)
  15. 3.3 非線形最適化 / p37 (0021.jp2)
  16. 3.4 実験結果 / p38 (0022.jp2)
  17. 3.6 まとめ / p45 (0025.jp2)
  18. 第4章 環境モデルの参照による誤差の軽減 / p47 (0026.jp2)
  19. 4.1 はじめに / p47 (0026.jp2)
  20. 4.2 予測・観測画像の誤差最小化 / p48 (0027.jp2)
  21. 4.3 予測誤差の定式化 / p49 (0027.jp2)
  22. 4.4 2D-3D線分の対応付け / p51 (0028.jp2)
  23. 4.5 カルマンフィルタによる誤差の軽減 / p54 (0030.jp2)
  24. 4.6 実験結果 / p57 (0031.jp2)
  25. 4.7 考察 / p58 (0032.jp2)
  26. 4.8 まとめ / p58 (0032.jp2)
  27. 4.9 付録 / p63 (0034.jp2)
  28. 第5章 奥行きの変動による視差の補正 / p67 (0036.jp2)
  29. 5.1 はじめに / p67 (0036.jp2)
  30. 5.2 視差の影響の定式化 / p69 (0037.jp2)
  31. 5.3 階層的レジストレーション / p70 (0038.jp2)
  32. 6.4 実験結果 / p74 (0040.jp2)
  33. 6.5 まとめ / p74 (0040.jp2)
  34. 第6章 移動物体を含む画像系列の重ね合わせ / p75 (0040.jp2)
  35. 6.1 はじめに / p75 (0040.jp2)
  36. 6.2 ロバストな画像の重ね合わせ / p76 (0041.jp2)
  37. 6.3 重み付き最小2乗推定 / p82 (0044.jp2)
  38. 6.4 実験結果 / p84 (0045.jp2)
  39. 6.5 まとめ / p86 (0046.jp2)
  40. 第7章 応用 / p93 (0049.jp2)
  41. 7.1 画像監視への応用 / p93 (0049.jp2)
  42. 7.2 その他の応用 / p105 (0055.jp2)
  43. 7.3 まとめ / p106 (0056.jp2)
  44. 第8章 結論 / p107 (0056.jp2)
  45. 8.1 おわりに / p107 (0056.jp2)
  46. 8.2 今後の課題 / p108 (0057.jp2)
  47. 謝辞 / p111 (0058.jp2)
  48. 参考文献 / p113 (0059.jp2)
  49. 付録A.知覚歪みの補正 / p119 (0062.jp2)
  50. A.1 はじめに / p119 (0062.jp2)
  51. A.2 補正関数の導出 / p122 (0064.jp2)
  52. A.3 補正関数の適用 / p125 (0065.jp2)
  53. A.4 実験結果 / p124 (0065.jp2)
  54. 付録B.室内情景の3次元復元 / p131 (0068.jp2)
  55. B.1 はじめに / p131 (0068.jp2)
  56. B.2 カメラ移動量の推定 / p132 (0069.jp2)
  57. B.3 カルマンフィルタの適用 / p133 (0069.jp2)
  58. B.4 誤差のモデル化 / p134 (0070.jp2)
  59. B.5 実験結果 / p140 (0073.jp2)
  60. B.6 まとめ / p140 (0073.jp2)
  61. B.7 推定誤差の導出 / p140 (0073.jp2)
  62. B.8 測定誤差の導出 / p142 (0074.jp2)
  63. 研究業績一覧 / p145 (0075.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000188528
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188811
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000352842
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ