心筋収縮系の張力発生と自励振動現象の制御機構に関する研究 shinkin shushukukei no choryoku hassei to jirei shindo gensho no seigyo kiko ni kansuru kenkyu

この論文をさがす

著者

    • 福田, 紀男 フクダ, ノリオ

書誌事項

タイトル

心筋収縮系の張力発生と自励振動現象の制御機構に関する研究

タイトル別名

shinkin shushukukei no choryoku hassei to jirei shindo gensho no seigyo kiko ni kansuru kenkyu

著者名

福田, 紀男

著者別名

フクダ, ノリオ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

乙第1488号

学位授与年月日

1999-10-14

注記・抄録

博士論文

制度:新 ; 文部省報告番号:乙1488号 ; 学位の種類:博士(理学) ; 授与年月日:1999-10-14 ; 早大学位記番号:新2875 ; 理工学図書館請求番号:2419

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章:序論 Introduction / p6 (0008.jp2)
  3. 1-1)はじめに / p6 (0008.jp2)
  4. 1-2)研究の背景 / p6 (0008.jp2)
  5. 1-3)本論文の概要 / p8 (0010.jp2)
  6. 第2章:材料と方法 Materials and methods / p12 (0014.jp2)
  7. 2-1)ウシ心筋を用いた実験 / p12 (0014.jp2)
  8. 2-2)ラット心筋を用いた実験 / p16 (0018.jp2)
  9. 2-3)略語の解説 / p19 (0021.jp2)
  10. 第2章の図と表 / p20 (0022.jp2)
  11. 第3章:心筋スキンド標本の張力発生におけるMgADPおよびカルシウムイオンの制御機構 Regulatory roles of MgADP and calcium ion tension development of skinned cardiac muscle / p22 (0024.jp2)
  12. 3-1)概略 / p22 (0024.jp2)
  13. 3-2)背景 / p23 (0025.jp2)
  14. 3-3)材料と方法 / p24 (0026.jp2)
  15. 3-4)実験結果 / p26 (0028.jp2)
  16. 3-5)考察 / p29 (0031.jp2)
  17. 第3章の図 / p34 (0036.jp2)
  18. 第4章:心筋スキンド標本の張力発生の筋長依存性に対するMgADPの作用 Effects of MgADP on length dependence of tension generation in skinned cardiac muscle / p44 (0046.jp2)
  19. 4-1)概略 / p44 (0046.jp2)
  20. 4-2)背景 / p45 (0047.jp2)
  21. 4-3)材料と方法 / p46 (0048.jp2)
  22. 4-4)実験結果 / p46 (0048.jp2)
  23. 4-5)考察 / p49 (0051.jp2)
  24. 第4章の図と表 / p53 (0055.jp2)
  25. 第5章:心筋スキンド標本における自発的張力振動現象 Spontaneous tension oscillation in skinned cardiac muscle / p60 (0062.jp2)
  26. 5-1)概略 / p60 (0062.jp2)
  27. 5-2)背景 / p61 (0063.jp2)
  28. 5-3)材料と方法 / p61 (0063.jp2)
  29. 5-4)実験結果 / p62 (0064.jp2)
  30. 5-5)考察 / p65 (0067.jp2)
  31. 第5章の図と表 / p69 (0071.jp2)
  32. 第6章:心筋スキンド標本の自発的張力振動に対するpHの作用 Effects of pH on spontaneous tension oscillation in skinned cardiac muscle / p78 (0080.jp2)
  33. 6-1)概略 / p78 (0080.jp2)
  34. 6-2)背景 / p79 (0081.jp2)
  35. 6-3)材料と方法 / p80 (0082.jp2)
  36. 6-4)実験結果 / p80 (0082.jp2)
  37. 6-5)考察 / p84 (0086.jp2)
  38. 第6章の図と表 / p89 (0091.jp2)
  39. 第7章:まとめ Conclusion / p101 (0103.jp2)
  40. 7-1)本論文のまとめ / p101 (0103.jp2)
  41. 7-2)将来の展望 / p102 (0104.jp2)
  42. 参考文献 / p105 (0107.jp2)
  43. 研究業績 / p117 (0119.jp2)
  44. 謝辞 / p120 (0122.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000188540
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188823
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000352854
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ