溶湯発泡法による発泡アルミニウムの製造とその特性 yoto happoho ni yoru happo aruminiumu no seizo to sono tokusei

この論文をさがす

著者

    • 楊, 錦成 ヨウ, キンセイ

書誌事項

タイトル

溶湯発泡法による発泡アルミニウムの製造とその特性

タイトル別名

yoto happoho ni yoru happo aruminiumu no seizo to sono tokusei

著者名

楊, 錦成

著者別名

ヨウ, キンセイ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第1492号

学位授与年月日

1999-10-14

注記・抄録

博士論文

制度:新 ; 文部省報告番号:乙1492号 ; 学位の種類:博士(工学) ; 授与年月日:1999-10-14 ; 早大学位記番号:新2879 ; 理工学図書館請求番号:2416

目次

  1. <目次> / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 はじめに / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 発泡アルミニウムに関する従来の研究 / p2 (0006.jp2)
  5. 1.3 本研究の目的 / p5 (0009.jp2)
  6. 1.4 本論文の概略 / p6 (0010.jp2)
  7. 第2章 溶融アルミニウム合金の発泡性に及ぼす粘性と冷却条件の影響 / p11 (0015.jp2)
  8. 2.1 緒言 / p11 (0015.jp2)
  9. 2.2 水モデルシミュレーション / p12 (0016.jp2)
  10. 2.3 発泡アルミニウムの製造 / p20 (0024.jp2)
  11. 2.4 結言 / p58 (0062.jp2)
  12. 第3章 二次合金を用いた発泡アルミニウム材の製造法の検討 / p60 (0064.jp2)
  13. 3.1 緒言 / p60 (0064.jp2)
  14. 3.2 実験方法 / p60 (0064.jp2)
  15. 3.3 実験結果と考察 / p61 (0065.jp2)
  16. 3.4 結言 / p76 (0080.jp2)
  17. 第4章 AC4C合金大型発泡材の製造に関する検討 / p78 (0082.jp2)
  18. 4.1 緒言 / p78 (0082.jp2)
  19. 4.2 凝固計算の方法 / p79 (0083.jp2)
  20. 4.3 実験方法 / p86 (0090.jp2)
  21. 4.4 実験結果と考察 / p92 (0096.jp2)
  22. 4.5 結言 / p109 (0113.jp2)
  23. 第5章 発泡アルミニウムの特性に及ぼす気泡率の影響 / p112 (0116.jp2)
  24. 5.1 緒言 / p112 (0116.jp2)
  25. 5.2 実験方法 / p112 (0116.jp2)
  26. 5.3 実験結果と考察 / p114 (0118.jp2)
  27. 5.4 結言 / p130 (0134.jp2)
  28. 第6章 結語 / p131 (0135.jp2)
  29. 謝辞 / p134 (0138.jp2)
  30. 参考文献 / p135 (0139.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000188544
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188827
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000352858
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ