手術支援における三次元生体画像情報処理に関する研究 shujutsu shien ni okeru sanjigen seitai gazo joho shori ni kansuru kenkyu

この論文をさがす

著者

    • 高橋, 修一 タカハシ, シュウイチ

書誌事項

タイトル

手術支援における三次元生体画像情報処理に関する研究

タイトル別名

shujutsu shien ni okeru sanjigen seitai gazo joho shori ni kansuru kenkyu

著者名

高橋, 修一

著者別名

タカハシ, シュウイチ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第1529号

学位授与年月日

2000-03-02

注記・抄録

博士論文

制度:新 ; 文部省報告番号:乙1529号 ; 学位の種類:博士(工学) ; 授与年月日:2000-03-2 ; 早大学位記番号:新2992 ; 理工学図書館請求番号:2485

目次

  1. 目次 / p1 (0005.jp2)
  2. 第1部 本研究の序論 / p1 (0008.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0008.jp2)
  4. 1.1 序言 / p1 (0003.jp2)
  5. 1.2 研究の背景 / p3 (0009.jp2)
  6. 1.3 工学的に見た肝臓の概要と肝切除術支援システム / p8 (0012.jp2)
  7. 1.4 研究の目的と工学的新規性 / p11 (0013.jp2)
  8. 第2部 術前肝切除術計画支援システムの開発 / p15 (0015.jp2)
  9. 第2章 三次元像再構築と肝モデル構築 / p17 (0016.jp2)
  10. 2.1 三次元像の再構築 / p17 (0016.jp2)
  11. 2.2 断層像間での領域データ補間 / p19 (0017.jp2)
  12. 2.3 三次元肝モデルの構築 / p20 (0018.jp2)
  13. 2.4 ボクセルデータの三次元表示 / p22 (0019.jp2)
  14. 2.5 使用システム / p25 (0020.jp2)
  15. 第3章 肝区域を考慮可能な手術計画システム / p27 (0021.jp2)
  16. 3.1 はじめに / p27 (0021.jp2)
  17. 3.2 手法 / p28 (0022.jp2)
  18. 3.3 結果 / p36 (0026.jp2)
  19. 3.4 考察 / p47 (0031.jp2)
  20. 3.5 むすび / p50 (0033.jp2)
  21. 第4章 画面上で直接領域決定可能な計画システム / p51 (0033.jp2)
  22. 4.1 はじめに / p51 (0033.jp2)
  23. 4.2 手法 / p52 (0034.jp2)
  24. 4.3 結果 / p55 (0035.jp2)
  25. 4.4 考察 / p68 (0042.jp2)
  26. 4.5 むすび / p70 (0043.jp2)
  27. 第5章 肝組織再生シミュレーション / p73 (0044.jp2)
  28. 5.1 はじめに / p73 (0044.jp2)
  29. 5.2 手法 / p74 (0045.jp2)
  30. 5.3 結果 / p78 (0047.jp2)
  31. 5.4 考察 / p87 (0051.jp2)
  32. 5.5 むすび / p89 (0052.jp2)
  33. 第3部 術中肝切除術支援システムの開発 / p91 (0053.jp2)
  34. 第6章 三次元超音波像による術野内部構造再構築 / p93 (0054.jp2)
  35. 6.1 はじめに / p93 (0054.jp2)
  36. 6.2 手法 / p94 (0055.jp2)
  37. 6.3 結果 / p101 (0058.jp2)
  38. 6.4 考察 / p109 (0062.jp2)
  39. 6.5 むすび / p110 (0063.jp2)
  40. 第7章 術野内外の三次元計測と再構築像位置合わせ / p111 (0063.jp2)
  41. 7.1 はじめに / p111 (0063.jp2)
  42. 7.2 手法 / p112 (0064.jp2)
  43. 7.3 結果 / p119 (0067.jp2)
  44. 7.4 考察 / p133 (0074.jp2)
  45. 7.5 むすび / p136 (0076.jp2)
  46. 第4部 本研究の結論 / p137 (0076.jp2)
  47. 第8章 結論 / p137 (0076.jp2)
  48. 8.1 本研究のまとめ / p137 (0076.jp2)
  49. 8.2 今後の課題と展開 / p140 (0078.jp2)
  50. 謝辞 / p143 (0079.jp2)
  51. 参考文献 / p145 (0080.jp2)
  52. 研究業績 / p151 (0083.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000188581
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188864
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000352895
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ