安定な生物進化を統合化のモデルとする工学的最適化手法の研究 anteina seibutsu shinka o togoka no moderu to suru kogakuteki saitekika shuho no kenkyu

この論文をさがす

著者

    • 山本, 公洋 ヤマモト, キミヒロ

書誌事項

タイトル

安定な生物進化を統合化のモデルとする工学的最適化手法の研究

タイトル別名

anteina seibutsu shinka o togoka no moderu to suru kogakuteki saitekika shuho no kenkyu

著者名

山本, 公洋

著者別名

ヤマモト, キミヒロ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士 (情報科学)

学位授与番号

乙第1539号

学位授与年月日

2000-03-02

注記・抄録

博士論文

制度:新 ; 文部省報告番号:乙1539号 ; 学位の種類:博士(情報科学) ; 授与年月日:2000-03-02 ; 早大学位記番号:新3002 ; 理工学図書館請求番号:2496

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1 序論 / p1 (0007.jp2)
  3. 1.1 研究の背景と目的 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.2 論文の構成 / p4 (0009.jp2)
  5. 2 生物進化のモデル / p7 (0010.jp2)
  6. 2.1 はじめに / p7 (0010.jp2)
  7. 2.2 遺伝的アルゴリズム / p7 (0010.jp2)
  8. 2.3 単純遺伝的アルゴリズム / p10 (0012.jp2)
  9. 2.4 ゲーム理論 / p10 (0012.jp2)
  10. 2.5 関連研究:シミュレーテッドアニーリング / p12 (0013.jp2)
  11. 2.6 本研究の位置付け / p13 (0013.jp2)
  12. 3 遺伝的アルゴリズムの動作原理 / p15 (0014.jp2)
  13. 3.1 はじめに / p15 (0014.jp2)
  14. 3.2 スキーマ定理 / p15 (0014.jp2)
  15. 3.3 着目標本数を考慮したスキーマ定理 / p17 (0015.jp2)
  16. 3.4 まとめ / p20 (0017.jp2)
  17. 4 遺伝的アルゴリズムの動作条件 / p21 (0017.jp2)
  18. 4.1 はじめに / p21 (0017.jp2)
  19. 4.2 交叉によるスキーマ保存機構 / p21 (0017.jp2)
  20. 4.3 検証 / p24 (0019.jp2)
  21. 4.4 スキーマの長さの影響 / p32 (0023.jp2)
  22. 4.5 関連研究 / p42 (0028.jp2)
  23. 4.6 まとめ / p43 (0028.jp2)
  24. 5 遺伝的アルゴリズムの自動プログラミングシステムへの応用 / p45 (0029.jp2)
  25. 5.1 はじめに / p45 (0029.jp2)
  26. 5.2 自動プログラミングシステムに対する要求条件 / p45 (0029.jp2)
  27. 5.3 システム構成 / p52 (0033.jp2)
  28. 5.4 記録媒体(遺伝子型)への符合化 / p52 (0033.jp2)
  29. 5.5 書き換え操作 / p54 (0034.jp2)
  30. 5.6 処理の流れ / p56 (0035.jp2)
  31. 5.7 まとめ / p56 (0035.jp2)
  32. 6 遺伝的アルゴリズムで取り扱い可能なプログラム / p59 (0036.jp2)
  33. 6.1 はじめに / p59 (0036.jp2)
  34. 6.2 目的関数の種類 / p59 (0036.jp2)
  35. 6.3 計算機実験 / p61 (0037.jp2)
  36. 6.4 まとめ / p70 (0042.jp2)
  37. 7 ゲーム理論のパケット経路制御への応用 / p71 (0042.jp2)
  38. 7.1 はじめに / p71 (0042.jp2)
  39. 7.2 RAG方式 / p72 (0043.jp2)
  40. 7.3 システム構成 / p73 (0043.jp2)
  41. 7.4 アルゴリズム / p73 (0043.jp2)
  42. 7.5 まとめ / p77 (0045.jp2)
  43. 8 ゲーム理論を用いたネットワークパフォーマンス / p81 (0047.jp2)
  44. 8.1 はじめに / p81 (0047.jp2)
  45. 8.2 実験ネットワーク / p81 (0047.jp2)
  46. 8.3 疑似トラフィック / p82 (0048.jp2)
  47. 8.4 ノード単体の振舞い / p83 (0048.jp2)
  48. 8.5 ネットワーク全体の振舞い / p84 (0049.jp2)
  49. 8.6 関連研究 / p85 (0049.jp2)
  50. 8.7 おわりに / p87 (0050.jp2)
  51. 9 結論 / p89 (0051.jp2)
  52. 9.1 研究の成果 / p89 (0051.jp2)
  53. 9.2 将来の課題-最適化手法の統合に向けて / p90 (0052.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000188591
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188874
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000352905
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ