Effects of D-galactosamine hydrochloride and partial hepatectomy on spontaneous hepatic injury and hepatocarcinogenesis in Long-Evans Cinnamon rats LECラットにおける自然発生肝障害,肝発がん性に対するD-ガラクトサミン投与および肝部分切除の効果

この論文をさがす

著者

    • 矯, 忠先 ジョウ, チュウセン

書誌事項

タイトル

Effects of D-galactosamine hydrochloride and partial hepatectomy on spontaneous hepatic injury and hepatocarcinogenesis in Long-Evans Cinnamon rats

タイトル別名

LECラットにおける自然発生肝障害,肝発がん性に対するD-ガラクトサミン投与および肝部分切除の効果

著者名

矯, 忠先

著者別名

ジョウ, チュウセン

学位授与大学

徳島大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第1049号

学位授与年月日

1999-04-23

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000188592
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188875
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000352906
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ