Leukocyte counts and soluble adhesion molecule concentrations as a predictor of coronary atherosclerosis 冠動脈硬化予測因子としての白血球数および可溶性接着分子濃度

この論文をさがす

著者

    • 井形, 次郎 イカタ, ジロウ

書誌事項

タイトル

Leukocyte counts and soluble adhesion molecule concentrations as a predictor of coronary atherosclerosis

タイトル別名

冠動脈硬化予測因子としての白血球数および可溶性接着分子濃度

著者名

井形, 次郎

著者別名

イカタ, ジロウ

学位授与大学

徳島大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第1126号

学位授与年月日

2000-03-10

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000188669
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188952
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000352983
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ