多孔質鋳鉄ボンドダイヤモンド砥石の構造制御と研削特性に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 冨野, 壽和 トミノ, ヒサカズ

書誌事項

タイトル

多孔質鋳鉄ボンドダイヤモンド砥石の構造制御と研削特性に関する研究

著者名

冨野, 壽和

著者別名

トミノ, ヒサカズ

学位授与大学

徳島大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第1679号

学位授与年月日

1999-05-14

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 論文内容要旨 / (0002.jp2)
  3. 目次 / p1 (0005.jp2)
  4. 第1章 緒言 / p1 (0008.jp2)
  5. 1-1 研究の背景 / p1 (0008.jp2)
  6. 1-2 研削砥石 / p3 (0009.jp2)
  7. 1-3 セラミックスの研削加工用砥石 / p7 (0011.jp2)
  8. 1-4 ダイヤモンド砥石に関する既往の研究 / p10 (0013.jp2)
  9. 1-5 本研究の目的と論文構成 / p15 (0015.jp2)
  10. 図表 / p18 (0017.jp2)
  11. 参考文献 / p26 (0021.jp2)
  12. 第2章 アトマイズ鋳鉄粉末の真空焼結特性 / p31 (0023.jp2)
  13. 2-1 はじめに / p31 (0023.jp2)
  14. 2-2 アトマイズ鋳鉄粉末 / p32 (0024.jp2)
  15. 2-3 アトマイズ鋳鉄粉末の内部組織と熱処理による組織変化 / p33 (0024.jp2)
  16. 2-4 真空焼結体の内部構造 / p35 (0025.jp2)
  17. 2-5 真空焼結法による焼結体の気孔率制御 / p37 (0026.jp2)
  18. 2-6 まとめ / p38 (0027.jp2)
  19. 図表 / p40 (0028.jp2)
  20. 参考文献 / p46 (0031.jp2)
  21. 第3章 パルス通電焼結法 / p47 (0031.jp2)
  22. 3-1 はじめに / p47 (0031.jp2)
  23. 3-2 通電経路の推定 / p51 (0033.jp2)
  24. 3-3 パルス通電焼結における通電経路の影響 / p54 (0035.jp2)
  25. 3-4 パルス通電焼結法における焼結温度 / p58 (0037.jp2)
  26. 3-5 まとめ / p60 (0038.jp2)
  27. 図表 / p62 (0039.jp2)
  28. 参考文献 / p71 (0043.jp2)
  29. 第4章 アトマイズ鋳鉄粉末のパルス通電焼結特性 / p73 (0044.jp2)
  30. 4-1 はじめに / p73 (0044.jp2)
  31. 4-2 アトマイズ鋳鉄粉末のパルス通電焼結 / p74 (0045.jp2)
  32. 4-3 焼結条件と焼結体密度との関係 / p74 (0045.jp2)
  33. 4-4 焼結条件と焼結体内部組織との関係 / p76 (0046.jp2)
  34. 4-5 パルス通電焼結機構に関する一考察 / p79 (0047.jp2)
  35. 4-6 まとめ / p80 (0048.jp2)
  36. 図表 / p81 (0048.jp2)
  37. 参考文献 / p87 (0051.jp2)
  38. 第5章 アトマイズ鋳鉄粉末多孔質焼結体の機械的性質 / p89 (0052.jp2)
  39. 5-1 はじめに / p89 (0052.jp2)
  40. 5-2 ヤング率 / p91 (0053.jp2)
  41. 5-3 曲げ強さ / p96 (0056.jp2)
  42. 5-4 まとめ / p101 (0058.jp2)
  43. 図表 / p102 (0059.jp2)
  44. 参考文献 / p112 (0064.jp2)
  45. 第6章 アトマイズ鋳鉄-ダイヤモンド複合粉末のパルス通電焼結特性 / p115 (0065.jp2)
  46. 6-1 はじめに / p115 (0065.jp2)
  47. 6-2 ダイヤモンド砥粒 / p116 (0066.jp2)
  48. 6-3 鋳鉄-ダイヤモンドの反応形態 / p118 (0067.jp2)
  49. 6-4 複合粉末圧粉体の充填密度 / p121 (0068.jp2)
  50. 6-5 焼結特性に及ぼすダイヤモンド砥粒の影響 / p124 (0070.jp2)
  51. 6-6 まとめ / p128 (0072.jp2)
  52. 図表 / p130 (0073.jp2)
  53. 参考文献 / p139 (0077.jp2)
  54. 第7章 アトマイズ鋳鉄-ダイヤモンド複合粉末焼結体の機械的性質 / p141 (0078.jp2)
  55. 7-1 はじめに / p141 (0078.jp2)
  56. 7-2 有気孔型砥石の組成と機械的性質との関係 / p141 (0078.jp2)
  57. 7-3 アトマイズ鋳鉄-ダイヤモンド複合粉末焼結体の機械的性質に及ぼす砥石組成の影響 / p143 (0079.jp2)
  58. 7-4 アトマイズ鋳鉄-ダイヤモンド複合粉末焼結体の機械的性質に及ぼす砥粒径の影響 / p145 (0080.jp2)
  59. 7-5 アトマイズ鋳鉄-ダイヤモンド複合粉末焼結体の構造と機械的性質との関係 / p146 (0081.jp2)
  60. 7-6 まとめ / p150 (0083.jp2)
  61. 図表 / p152 (0084.jp2)
  62. 参考文献 / p159 (0087.jp2)
  63. 第8章 構造制御した多孔質鋳鉄ボンドダイヤモンド砥石の研削特性 / p161 (0088.jp2)
  64. 8-1 はじめに / p161 (0088.jp2)
  65. 8-2 構造制御した多孔質鋳鉄ボンドダイヤモンド砥石 / p163 (0089.jp2)
  66. 8-3 研削試験 / p166 (0091.jp2)
  67. 8-4 砥粒率が一定で気孔率の異なる多孔質鋳鉄ボンドダイヤモンド砥石の研削特性 / p167 (0091.jp2)
  68. 8-5 気孔率が一定で砥粒率の異なる多孔質鋳鉄ボンドダイヤモンド砥石の研削特性 / p170 (0093.jp2)
  69. 8-6 既存のダイヤモンド砥石との研削性能の比較 / p172 (0094.jp2)
  70. 8-7 まとめ / p175 (0095.jp2)
  71. 図表 / p176 (0096.jp2)
  72. 参考文献 / p192 (0104.jp2)
  73. 第9章 結言 / p193 (0104.jp2)
  74. 9-1 本研究で得られた結論 / p193 (0104.jp2)
  75. 9-2 今後の研究課題 / p197 (0106.jp2)
  76. 参考文献 / p199 (0107.jp2)
  77. 本研究に関する公表論文 / p200 (0108.jp2)
  78. 謝辞 / p203 (0109.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000188684
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188967
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000352998
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ