Na/H交換機構阻害作用を有するベンズオキサジン誘導体の合成と構造活性相関に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 山本, 武志 ヤマモト, タケシ

書誌事項

タイトル

Na/H交換機構阻害作用を有するベンズオキサジン誘導体の合成と構造活性相関に関する研究

著者名

山本, 武志

著者別名

ヤマモト, タケシ

学位授与大学

徳島大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第1697号

学位授与年月日

1999-10-29

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0003.jp2)
  2. 論文内容要旨 / (0004.jp2)
  3. 目次 / (0008.jp2)
  4. 第1章 緒言 / p1 (0009.jp2)
  5. 第1節 本研究の目的 / p1 (0009.jp2)
  6. 第2節 本研究の概要 / p6 (0012.jp2)
  7. 第2章 Na/H交換機構阻害化合物としての2環性アロイルグアニジンのデザインと構造活性相関 / p10 (0014.jp2)
  8. 第1節 単環性アロイルグアニジンの構造活性相関 / p11 (0014.jp2)
  9. 第2節 2環性アロイルグアニジンのデザインと構造活性相関 / p15 (0016.jp2)
  10. 第3節 単環性アロイルグアニジンの構造活性相関の再解析 / p17 (0017.jp2)
  11. 第4節 2環性アロイルグアニジンの置換基の構造活性相関 / p20 (0019.jp2)
  12. 第3章 7-グアニジノカルボニルベンズオキサジン誘導体の合成と構造活性相関 / p22 (0020.jp2)
  13. 第1節 7-グアニジノカルボニルベンズオキサジン誘導体のデザインと合成 / p23 (0020.jp2)
  14. 第2節 7-グアニジノカルボニルベンズオキサジン誘導体の構造活性相関 / p26 (0022.jp2)
  15. 第4章 6-グアニジノカルボニルベンズオキサジン誘導体の合成および構造活性相関と薬理作用 / p30 (0024.jp2)
  16. 第1節 6-グアニジノカルボニルベンズオキサジン誘導体の合成と構造活性相関 / p31 (0024.jp2)
  17. 第2節 6-および7-グアニジノカルボニルベンズオキサジン誘導体の薬理作用 / p36 (0027.jp2)
  18. 第5章 6-グアニジノカルボニルベンズオキサジン誘導体(KB-R9032)の工業的製法 / p38 (0028.jp2)
  19. 第1節 N-選択的アルキル化によるKB-R9032の製法 / p39 (0028.jp2)
  20. 第2節 酸触媒のN,O-アシル転位を利用したKB-R9032の製法 / p45 (0031.jp2)
  21. 第6章 結論 / p55 (0036.jp2)
  22. 謝辞 / p57 (0037.jp2)
  23. 実験の部 / p58 (0038.jp2)
  24. 引用文献 / p81 (0049.jp2)
  25. 投稿論文 / p85 (0051.jp2)
  26. 参考論文 / p86 (0052.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000188702
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188985
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000353016
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ