Tumorigenicity of mouse BALB/c3T3 fibroblast cells which express Epstein-Barr virus-encoded LMP1 and show normal growth phenotypes in vitro is correlated with loss of transforming growth factor-β1-mediated growth inhibition 培養条件では、正常な細胞同様の増殖様式を示すEBV遺伝子の産物LMP1発現マウス細胞株BALB/c3T3細胞の造腫瘍原性とTGF-β1感受性との関連に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 高梨, 正勝 タカナシ, マサカツ

書誌事項

タイトル

Tumorigenicity of mouse BALB/c3T3 fibroblast cells which express Epstein-Barr virus-encoded LMP1 and show normal growth phenotypes in vitro is correlated with loss of transforming growth factor-β1-mediated growth inhibition

タイトル別名

培養条件では、正常な細胞同様の増殖様式を示すEBV遺伝子の産物LMP1発現マウス細胞株BALB/c3T3細胞の造腫瘍原性とTGF-β1感受性との関連に関する研究

著者名

高梨, 正勝

著者別名

タカナシ, マサカツ

学位授与大学

東京医科歯科大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第1734号

学位授与年月日

1998-03-31

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000188759
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000189042
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000353073
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ