路面のポータブルすべり抵抗測定装置の開発と利用に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 安部, 裕也 アベ, ヒロナリ

書誌事項

タイトル

路面のポータブルすべり抵抗測定装置の開発と利用に関する研究

著者名

安部, 裕也

著者別名

アベ, ヒロナリ

学位授与大学

室蘭工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第110号

学位授与年月日

2000-03-21

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 総論 / p3 (0005.jp2)
  3. 1・1 はじめに / p3 (0005.jp2)
  4. 1・2 路面のすべり抵抗に関する研究の概要 / p6 (0008.jp2)
  5. 1・3 すべり抵抗の性質 / p10 (0012.jp2)
  6. 1・4 すべり抵抗の測定方法 / p11 (0013.jp2)
  7. 1・5 本論分の目的と内容 / p15 (0017.jp2)
  8. 第2章 路面のポータブルすべり抵抗測定装置の開発と性能 / p19 (0021.jp2)
  9. 2・1 ポータブルテスター開発の目的 / p19 (0021.jp2)
  10. 2・2 DFテスター(Dynamic Friction Tester)の原理と構造 / p20 (0022.jp2)
  11. 2・3 DFテスターの測定手順と特徴 / p32 (0034.jp2)
  12. 2・4 DFテスターのASTM規格化 / p39 (0041.jp2)
  13. 2・5 DFテスターSタイプの開発 / p50 (0052.jp2)
  14. 2・6 本章のまとめ / p61 (0063.jp2)
  15. 第3章 PIARC国際共同実験によるDFテスターの国際比較 / p65 (0067.jp2)
  16. 3・1 PIARC国際共同実験の目的 / p65 (0067.jp2)
  17. 3・2 PIARCの組織 / p66 (0068.jp2)
  18. 3・3 実験個所 / p67 (0069.jp2)
  19. 3・4 摩擦測定装置と試験タイヤ / p71 (0073.jp2)
  20. 3・5 DFテスターと他の測定装置との相関分析 / p73 (0075.jp2)
  21. 3・6 DFテスターと国際摩擦指標(IFI)の関係 / p110 (0116.jp2)
  22. 3・7 本章のまとめ / p125 (0131.jp2)
  23. 第4章 DFテスターとCTメータによるIFI推定方法の検討 / p127 (0133.jp2)
  24. 4・1 はじめに / p127 (0133.jp2)
  25. 4・2 路面のすべり抵抗とテクスチャーの関係 / p128 (0134.jp2)
  26. 4・3 すべり抵抗・テクスチャー・速度の関係モデル化 / p130 (0136.jp2)
  27. 4・4 新しいテクスチャー測定装置の開発 / p133 (0139.jp2)
  28. 4・5 IFIを用いたDFテスター測定値の舗装マネジメントへの応用 / p140 (0146.jp2)
  29. 4・6 本章のまとめ / p142 (0148.jp2)
  30. 第5章 DFテスターSタイプによる歩道路面のすべり抵抗測定 / p144 (0150.jp2)
  31. 5・1 研究の目的 / p144 (0150.jp2)
  32. 5・2 DFテスターSタイプの性能評価 / p145 (0151.jp2)
  33. 5・3 歩道舗装材料の摩擦抵抗係数測定と評価 / p154 (0160.jp2)
  34. 5・4 本章のまとめ / p167 (0173.jp2)
  35. 第6章 結論 / p170 (0176.jp2)
  36. 6・1 本論文で得られた結論 / p171 (0177.jp2)
  37. 6・2 今後の研究課題 / p174 (0180.jp2)
16アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000188926
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000189209
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000353240
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ