蛋白質の試験管内進化実験系の要素技術の研究 : 遺伝子型-表現型対応付け分子とmRNAライブラリー構築にむけて

この論文をさがす

著者

    • 宮本, 悦子 ミヤモト, エツコ

書誌事項

タイトル

蛋白質の試験管内進化実験系の要素技術の研究 : 遺伝子型-表現型対応付け分子とmRNAライブラリー構築にむけて

著者名

宮本, 悦子

著者別名

ミヤモト, エツコ

学位授与大学

横浜国立大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第379号

学位授与年月日

2000-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 略語集 / (0007.jp2)
  3. プライマー、テンプレート配列表 / (0010.jp2)
  4. 第1章 序論 / p1 (0012.jp2)
  5. 1.1 はじめに / p1 (0012.jp2)
  6. 1.2 進化分子工学とその発展 / p2 (0013.jp2)
  7. 1.3 蛋白質の試験管内進化実験系と「遺伝子型と表現型の対応付け」 / p3 (0014.jp2)
  8. 1.4 蛋白質の試験管内進化実験系と「mRNAライブラリー」 / p5 (0016.jp2)
  9. 1.5 本研究の概要 / p7 (0018.jp2)
  10. 図および表 / p9 (0020.jp2)
  11. 第2章 対応付け分子構築のためのピューロマイシンの性質の検討―ピューロマイシンと全長蛋白質との特異的結合とその応用― / p14 (0025.jp2)
  12. 2.1 ピューロマイシン:アミノアシルtRNA3'末端アナローグ / p14 (0025.jp2)
  13. 2.2 ピューロマイシンと全長蛋白質との特異的結合 / p15 (0026.jp2)
  14. 図および表 / p35 (0046.jp2)
  15. 第3章無細胞翻訳系のリボソーム上でのピューロマイシンをリンガーとした遺伝子型―表現型対応付け分子の構築 / p51 (0062.jp2)
  16. 3.1 対応付け分子の2つの構築法 / p51 (0062.jp2)
  17. 3.2 「sup-tRNA型」および「CCAフラグメント型」対応づけ分子の検討 / p54 (0065.jp2)
  18. 図および表 / p64 (0075.jp2)
  19. 第4章遺伝子構造の進化機構を示唆するゼロサイズ・工キソンによる長いイントロンのスプライシング / p72 (0083.jp2)
  20. 4.1 はじめに / p72 (0083.jp2)
  21. 4.2 材料および方法 / p74 (0085.jp2)
  22. 4.3 結果および考察 / p78 (0089.jp2)
  23. 図および表 / p89 (0100.jp2)
  24. 第5章 結論 / p108 (0119.jp2)
  25. 参考文献 / p111 (0122.jp2)
  26. 学会・論文発表 / p129 (0140.jp2)
  27. 謝辞 / p134 (0145.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000189041
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000189324
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000353355
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ