表面改質による自動車部品の疲労強度向上に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 松井, 勝幸 マツイ, カツユキ

書誌事項

タイトル

表面改質による自動車部品の疲労強度向上に関する研究

著者名

松井, 勝幸

著者別名

マツイ, カツユキ

学位授与大学

横浜国立大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第383号

学位授与年月日

2000-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0011.jp2)
  3. 第1節 本研究の目的 / p2 (0012.jp2)
  4. 第2節 本研究に関連した従来の研究概要 / p3 (0013.jp2)
  5. 2・1 疲労強度向上に関する従来の研究 / p3 (0013.jp2)
  6. 2・1 表面改質法に関する従来の研究 / p4 (0014.jp2)
  7. 第3節 疲労破壊抵抗因子と自動車部品の疲労強度向上戦略 / p9 (0019.jp2)
  8. 3・1 疲労破壊のプロセスと抵抗因子 / p9 (0019.jp2)
  9. 3・2 表面改質による自動車部品の疲労強度向上戦略 / p11 (0021.jp2)
  10. 3・3 表面改質法開発の戦略 / p11 (0021.jp2)
  11. 第4節 本研究の構成および概要 / p13 (0023.jp2)
  12. 第1章 参考文献 / p17 (0027.jp2)
  13. 第2章 窒素ガスべース軟窒化処理によるクランクシャフトの疲労強度向上 / p23 (0033.jp2)
  14. 第1節 緒言 / p24 (0034.jp2)
  15. 第2節 実験方法 / p26 (0036.jp2)
  16. 2・1 CO濃度の化合物層深さに及ぼす影響の評価方法 / p26 (0036.jp2)
  17. 2・2 NH₂濃度と化合物層深さとの関係の評価方法 / p31 (0041.jp2)
  18. 2・3 クランクシャフトの表面改質特性評価方法 / p32 (0042.jp2)
  19. 2・4 クランクシャフトの疲労試験方法 / p35 (0045.jp2)
  20. 第3節 実験結果と考察 / p37 (0047.jp2)
  21. 3・1 CO濃度の化合物層深さに及ぼす影響 / p37 (0047.jp2)
  22. 3・2 炉内微量ガス成分の影響 / p40 (0050.jp2)
  23. 3・3 その他の化合物層生成阻害要因 / p43 (0053.jp2)
  24. 3・4 [化学式]/[化学式]比が化合物層深さに及ぼす影響 / p45 (0055.jp2)
  25. 3・5 クランクシャフトの表面改質特性 / p48 (0058.jp2)
  26. 3・6 クランクシャフトの曲げ疲労強度 / p55 (0065.jp2)
  27. 第4節 結論 / p58 (0068.jp2)
  28. 第2章 参考文献 / p60 (0070.jp2)
  29. 第3章 電子ビーム焼入れによる表面改質特性の改善 / p61 (0071.jp2)
  30. 第1節 緒言 / p62 (0072.jp2)
  31. 第2節 実験方法 / p64 (0074.jp2)
  32. 2・1 供試材 / p64 (0074.jp2)
  33. 2・2 表面改質方法 / p65 (0075.jp2)
  34. 2・3 残留オーステナイト量および残留応力分布測定方法 / p72 (0082.jp2)
  35. 第3節 実験結果と考察 / p73 (0083.jp2)
  36. 3・1 ビーム電流と硬化層深さとの関係 / p73 (0083.jp2)
  37. 3・2 加熱時間と硬化層深さとの関係 / p74 (0084.jp2)
  38. 3・3 割れ観察 / p75 (0085.jp2)
  39. 3・4 ビーム電流,加熱時間と硬化層深さとの関係 / p76 (0086.jp2)
  40. 3・5 タペットAの表面改質特性 / p77 (0087.jp2)
  41. 3・6 その他の実用化部品例 / p86 (0096.jp2)
  42. 第4節 結論 / p89 (0099.jp2)
  43. 第3章 参考文献 / p90 (0100.jp2)
  44. 第4章 窒素ガスベース浸炭焼入れによる歯車の疲労強度向上 / p91 (0101.jp2)
  45. 第1節 緒言 / p92 (0102.jp2)
  46. 第2節 実験方法 / p94 (0104.jp2)
  47. 2・1 組成可変N₂ガスベース浸炭処理法 / p94 (0104.jp2)
  48. 2・2 供試品 / p100 (0110.jp2)
  49. 2・3 実験条件 / p103 (0113.jp2)
  50. 2・4 残留オーステナイト量および残留応力分布測定方法 / p105 (0115.jp2)
  51. 2・5 疲労試験方法 / p105 (0115.jp2)
  52. 第3節 実験結果と考察 / p107 (0117.jp2)
  53. 3・1 カーボンポテンシャル制御結果 / p107 (0117.jp2)
  54. 3・2 炭素濃度分布 / p108 (0118.jp2)
  55. 3・3 表面硬さ / p110 (0120.jp2)
  56. 3・4 表面組織と結晶粒度 / p111 (0121.jp2)
  57. 3・5 表面異常組織 / p112 (0122.jp2)
  58. 3・6 硬さ分布 / p113 (0123.jp2)
  59. 3・7 残留オーステナイト量分布 / p114 (0124.jp2)
  60. 3・8 残留応力分布 / p115 (0125.jp2)
  61. 3・9 小野式回転曲げ疲労強度 / p116 (0126.jp2)
  62. 3・10 歯車の疲労強度 / p118 (0128.jp2)
  63. 第4節 結論 / p120 (0130.jp2)
  64. 第4章 参考文献 / p122 (0132.jp2)
  65. 第5章 ダブルショットピーニングによる輪郭高周波焼入れ歯車の疲労強度向上 / p123 (0133.jp2)
  66. 第1節 緒言 / p124 (0134.jp2)
  67. 第2節 実験方法 / p125 (0135.jp2)
  68. 2・1 供試材 / p125 (0135.jp2)
  69. 2・2 前熱処理方法 / p126 (0136.jp2)
  70. 2・3 供試歯車の製作方法 / p127 (0137.jp2)
  71. 2・4 表面改質方法 / p128 (0138.jp2)
  72. 2・5 残留応力分布測定方法 / p135 (0145.jp2)
  73. 2・6 疲労試験方法 / p136 (0146.jp2)
  74. 第3節 実験結果と考察 / p137 (0147.jp2)
  75. 3・1 表面改質部の特性 / p137 (0147.jp2)
  76. 3・2 歯車の疲労強度 / p148 (0158.jp2)
  77. 第4節 結論 / p152 (0162.jp2)
  78. 第5章 参考文献 / p153 (0163.jp2)
  79. 第6章 複合表面改質による歯車の疲労強度向上 / p155 (0165.jp2)
  80. 第1節 緒言 / p156 (0166.jp2)
  81. 第2節 実験方法 / p157 (0167.jp2)
  82. 2・1 供試材と供試歯車の諸元 / p157 (0167.jp2)
  83. 2・2 表面改質方法 / p159 (0169.jp2)
  84. 2・3 残留オーステナイト量および残留応力分布測定方法 / p161 (0171.jp2)
  85. 2・4 疲労試験方法 / p161 (0171.jp2)
  86. 第3節 実験結果と考察 / p162 (0172.jp2)
  87. 3・1 表面改質部の特性 / p162 (0172.jp2)
  88. 3・2 疲労強度と疲労試験後の残留応力分布 / p176 (0186.jp2)
  89. 3・3 表面改質特性の歯車の疲労強度に及ぼす影響 / p182 (0192.jp2)
  90. 第4節 結論 / p187 (0197.jp2)
  91. 第6章 参考文献 / p189 (0199.jp2)
  92. 第7章 総括 / p191 (0201.jp2)
  93. 発表論文・特許目録 / p198 (0208.jp2)
  94. 謝辞 / p200 (0210.jp2)
6アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000189045
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000189328
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000353359
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ