循環生理反応からみた起立介助機器の人間工学的特性に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 川口, 孝泰 カワグチ, タカヤス

書誌事項

タイトル

循環生理反応からみた起立介助機器の人間工学的特性に関する研究

著者名

川口, 孝泰

著者別名

カワグチ, タカヤス

学位授与大学

立命館大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第164号

学位授与年月日

2000-03-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 論文概要(日本文,英文) / (0005.jp2)
  3. 第1章 序論 / (0007.jp2)
  4. 1.1 研究の目的 / p3 (0008.jp2)
  5. 1.2 介護機器における人間工学的課題 / p4 (0009.jp2)
  6. 1.3 起立介助に求められる介護機器の特性 / p12 (0013.jp2)
  7. 1.4 本論文の視点 / p18 (0016.jp2)
  8. 1.5 文献 / p19 (0016.jp2)
  9. 第2章 起立時の循環生理反応の計測 / (0017.jp2)
  10. 2.1 循環制御系としての自律神経活動 / p23 (0018.jp2)
  11. 2.2 起立時における脳循環への影響 / p30 (0022.jp2)
  12. 2.3 実験1:起立時における自律神経活動と脳循環の変化 / p33 (0023.jp2)
  13. 2.4 文献 / p38 (0026.jp2)
  14. 第3章 起立介助と起立性低血圧(脳貧血) / (0027.jp2)
  15. 3.1 起立性低血圧の発生機序 / p43 (0028.jp2)
  16. 3.2 実験2:高齢者への受動起立時における起立性低血圧に関する検討 / p46 (0030.jp2)
  17. 3.3 文献 / p57 (0035.jp2)
  18. 第4章「見込み制御」が起立介助時の循環生理反応に与える効果 / (0037.jp2)
  19. 4.1 自発意思による「見込み制御」のメカニズム / p63 (0038.jp2)
  20. 4.2 実験3:head-up tilt時における「見込み制御」の効果 / p65 (0039.jp2)
  21. 4.3 ウェーブレット変換を用いた血圧・心拍ゆらぎ解析 / p78 (0046.jp2)
  22. 4.4 実験4:起立時における「見込み制御」の効果 / p81 (0047.jp2)
  23. 4.5 文献 / p86 (0050.jp2)
  24. 第5章 起立介助椅子の評価 / (0051.jp2)
  25. 5.1 実験5:自発的レバー操作における「見込み制御」の効果 / p91 (0052.jp2)
  26. 5.2 文献 / p97 (0055.jp2)
  27. 第6章 高齢者・糖尿病者における起立介助時の循環生理特性 / (0056.jp2)
  28. 6.1 高齢者および糖尿病者の循環生理特性 / p101 (0057.jp2)
  29. 6.2 実験6:高齢糖尿病者における起立介助時の循環系への影響 / p104 (0059.jp2)
  30. 6.3 文献 / p117 (0065.jp2)
  31. 第7章 まとめ(介護機器の設計に求められる今後の視点) / (0067.jp2)
  32. 7.1 使用者主体の操作設計 / p124 (0069.jp2)
  33. 7.2 介護環境に応じた機器の役割・機能 / p125 (0069.jp2)
  34. 7.3 使用者の個別性に応じた設計・マネジメントシステムの確立 / p126 (0070.jp2)
  35. 謝辞 / p128 (0071.jp2)
  36. 関連業績一覧 / p129 (0071.jp2)
11アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000189082
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000189365
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000353396
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ