経営学の方法と歴史

この論文をさがす

著者

    • 田中, 照純 タナカ, テルヨシ

書誌事項

タイトル

経営学の方法と歴史

著者名

田中, 照純

著者別名

タナカ, テルヨシ

学位授与大学

立命館大学

取得学位

博士 (経営学)

学位授与番号

乙第260号

学位授与年月日

2000-03-10

注記・抄録

博士論文

目次

  1. はしがき / p1 (0004.jp2)
  2. 序論 経営学本質論に向けて / p1 (0008.jp2)
  3. 第1部 経営学方法論の展開 / (0012.jp2)
  4. 第1章 経営学方法論の意義と論点 / p11 (0013.jp2)
  5. I 意義の二重性 / p11 (0013.jp2)
  6. II 方法論と内容展開 / p13 (0014.jp2)
  7. III 経営学方法論の特殊的意義 / p18 (0017.jp2)
  8. IV 経営学方法論の諸論点 / p21 (0018.jp2)
  9. V 諸論点の相互関係 / p25 (0020.jp2)
  10. 第2章 経営学の研究対象 / p31 (0023.jp2)
  11. I 対象規定の機能と限界 / p31 (0023.jp2)
  12. II 対象規定の階層性 / p35 (0025.jp2)
  13. III 対象規定の諸類型 / p39 (0027.jp2)
  14. IV 個別資本の運動法則 / p52 (0034.jp2)
  15. 第3章 経営学の学問的性格 / p59 (0037.jp2)
  16. I 課題設定 / p59 (0037.jp2)
  17. II 経営学の実践性 / p62 (0039.jp2)
  18. III 経営学と経済学の関係 / p69 (0042.jp2)
  19. 第4章 経営学の分類と体系 / p86 (0051.jp2)
  20. I その意義と根拠 / p86 (0051.jp2)
  21. II 広義と狭義の経営学 / p89 (0052.jp2)
  22. III 経営諸学の分類 / p92 (0054.jp2)
  23. IV 一般経営学と特殊経営学 / p99 (0057.jp2)
  24. V 経営学の体系化 / p106 (0061.jp2)
  25. 第5章 経営学の国籍と名称 / p112 (0064.jp2)
  26. I 問題の所在 / p112 (0064.jp2)
  27. II 経営学の国籍 / p113 (0064.jp2)
  28. III 経営学の名称 / p123 (0069.jp2)
  29. 第2部 経営学の史的考察 / (0076.jp2)
  30. 第6章 経営学史の意義と位置づけ / p139 (0077.jp2)
  31. I 経営学史の方法論 / p139 (0077.jp2)
  32. II 経営学史研究の意義 / p144 (0080.jp2)
  33. III 経営学史の二重機能 / p147 (0081.jp2)
  34. IV 経営学史の存在理由 / p150 (0083.jp2)
  35. V 経営学史の位置づけ / p153 (0084.jp2)
  36. 第7章 経営学史の性格・対象・方法 / p159 (0087.jp2)
  37. I 経営学史の学問的性格 / p159 (0087.jp2)
  38. II 歴史科学としての経営学史 / p163 (0089.jp2)
  39. III 経営学史の研究対象 / p167 (0091.jp2)
  40. IV 経営学史研究の方法 / p168 (0092.jp2)
  41. V 方法論の新たな展開 / p175 (0095.jp2)
  42. 第8章 経営学の生成根拠と生成基準 / p182 (0099.jp2)
  43. I 問題設定 / p182 (0099.jp2)
  44. II 経営学の生成根拠 / p183 (0099.jp2)
  45. III 経営学の生成基準 / p187 (0101.jp2)
  46. IV 新たな基準に向けて / p199 (0107.jp2)
  47. 第9章 日本経営学の生成期 / p201 (0108.jp2)
  48. I 問題設定 / p201 (0108.jp2)
  49. II 日本経営学の生成過程 / p203 (0109.jp2)
  50. III 生成期をめぐる議論 / p215 (0115.jp2)
  51. 第10章 経営学の発展と学派形成 / p221 (0118.jp2)
  52. I 経営学発展の要因 / p221 (0118.jp2)
  53. II 主体要因と学派形成 / p223 (0119.jp2)
  54. III 学派形成の基礎と基準 / p226 (0121.jp2)
  55. IV 学派形成の意義と問題点 / p234 (0125.jp2)
  56. 索引 / p237 (0126.jp2)
13アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000189089
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000189372
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000353403
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ