有機金属触媒を活性化因子とした不飽和系の不斉環化反応

この論文をさがす

著者

    • 渡邉, 敬 ワタナベ, タカシ

書誌事項

タイトル

有機金属触媒を活性化因子とした不飽和系の不斉環化反応

著者名

渡邉, 敬

著者別名

ワタナベ, タカシ

学位授与大学

東北薬科大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第82号

学位授与年月日

2000-03-13

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0004.jp2)
  2. 理論の部 / p1 (0006.jp2)
  3. 緒論 / p1 (0006.jp2)
  4. 第一章 Allene-Ene系を用いたLewis酸による分子内[2+2]環化付加反応 / p7 (0009.jp2)
  5. 第一節 Citralを用いたAllene-Ene系化合物の合成 / p7 (0009.jp2)
  6. 第二節 Ester部を有するAllene-Ene系化合物の合成 / p9 (0010.jp2)
  7. 第三節 Allene-Ene系化合物を用いたLewis酸による分子内[2+2]環化付加反応 / p10 (0011.jp2)
  8. 第四節 Allene-Ene系化合物を用いた[2+2]環化付加反応における機構的考察 / p12 (0012.jp2)
  9. 小括 / p13 (0012.jp2)
  10. 第二章 α,β-不飽和AmideおよびAnilideのLewis酸による分子内不斉環化反応 / p14 (0013.jp2)
  11. 第一節 α,β-不飽和AmideおよびAnilideのLewis酸による分子内環化反応 / p14 (0013.jp2)
  12. 第二節 (S)-Prolineを不斉源としたα,β-不飽和AmideのLewis酸による分子内不斉[2+2]環化付加反応 / p18 (0015.jp2)
  13. 第三節 (S)-Prolineを不斉源とした分子内不剤[2+2]環化付加反応における立体化学的考察 / p19 (0015.jp2)
  14. 小括 / p20 (0016.jp2)
  15. 第三章 光学活性Allene化合物を用いた分子間不斉Pauson-Khand反応 / p21 (0016.jp2)
  16. 第一節 Alleneを用いた分子間Pauson-Khand反応における溶媒効果 / p21 (0016.jp2)
  17. 第二節 光学活性Alleneを用いた分子間不斉Pauson-Khand反応 / p25 (0018.jp2)
  18. 第三節 光学活性Alleneを用いた分子間不斉Pauson-Khand反応における立体化学的考察 / p27 (0019.jp2)
  19. 小括 / p28 (0020.jp2)
  20. 第四章 キラルSulfinyl基を立体制御因子とした不斉Pauson-Khand反応 / p29 (0020.jp2)
  21. 第一節 キラルSulfinamideを有する1,6-Enyne系の合成とそれを用いた不斉Pauson-Khand反応 / p29 (0020.jp2)
  22. 第二節 キラルSulfoxideを有する1,6-Enyne系の合成とそれを用いた不斉Pauson-Khand反応 / p32 (0022.jp2)
  23. 第三節 キラルSulfinyl基を用いた不斉Pauson-Khand反応における立体化学的考察 / p36 (0024.jp2)
  24. 第四節 有機硫黄官能基の特性を利用した多環性化合物の合成 / p39 (0025.jp2)
  25. 小括 / p40 (0026.jp2)
  26. 第五章 光学活性含硫アミノ酸を立体制御因子とした不斉Pauson-Khand反応 / p41 (0026.jp2)
  27. 第一節 光学活性アミノ酸を分子内に有するAlkyneの化合物の合成 / p41 (0026.jp2)
  28. 第二節 (S)-Methionine誘導体による分子間不斉Pauson-Khand反応 / p43 (0027.jp2)
  29. 第三節 (S)-Methionine誘導体を用いた分子間不斉Pauson-Khand反応における立体化学的考察 / p48 (0030.jp2)
  30. 小括 / p51 (0031.jp2)
  31. 第六章 キラルPhosphine配位子を用いた1,6-Enyne系の触媒的不斉Pauson-Khand反応 / p52 (0032.jp2)
  32. 第一節 触媒的Pauson-Khand反応におけるPhosphine配位子の影響 / p52 (0032.jp2)
  33. 第二節 キラルPhosphine配位子を用いた触媒的分子内不斉Pauson-Khand反応 / p56 (0034.jp2)
  34. 第三節 キラルPhosphine配位子を用いた触媒的分子間不斉Pauson-Khand反応 / p63 (0037.jp2)
  35. 第四節 触媒的不斉Pauson-Khand反応における立体化学的考察 / p64 (0038.jp2)
  36. 小括 / p68 (0040.jp2)
  37. 結論 / p69 (0040.jp2)
  38. 実験の部 / p72 (0042.jp2)
  39. 第一章 Allene-Ene系を用いたLawis酸による分子内[2+2]環化付加反応 第一章に関する実験 / p72 (0042.jp2)
  40. 第二章 α,β-不飽和AmideのLawis酸による分子内不斉Eneおよび[2+2]環化付加反応 第二章に関する実験 / p83 (0047.jp2)
  41. 第三章 光学活性Allene化合物を用いた分子間不斉Pauson-Khand反応 第三章に関する実験 / p90 (0051.jp2)
  42. 第四章 キラルSulfinyl基を立体制御因子とした不斉Pauson-Khand反応 第四章に関する実験 / p94 (0053.jp2)
  43. 第五章 光学活性含硫アミノ酸を立体制御因子とした不斉Pauson-Khand反応 第五章に関する実験 / p112 (0062.jp2)
  44. 第六章 キラルPhosphine配位子を用いた1,6-Enyne系の触媒的不斉Pauson-Khand反応 第六章に関する実験 / p121 (0066.jp2)
  45. 謝辞 / p135 (0073.jp2)
  46. 引用文献 / p136 (0074.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000189110
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000189393
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000353424
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ