ウレアーゼ阻害剤の開発研究

この論文をさがす

著者

    • 千代田, 健志 チヨダ, タケシ

書誌事項

タイトル

ウレアーゼ阻害剤の開発研究

著者名

千代田, 健志

著者別名

チヨダ, タケシ

学位授与大学

明治薬科大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第34号

学位授与年月日

2000-03-18

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 第一章 Helicobacter pyloriにおける研究の歴史及び、細菌学的特徴 / p2 (0007.jp2)
  4. 第一節 H.pyloriにおける研究の歴史及び,細菌学的特徴 / p2 (0007.jp2)
  5. 第二節 H.pyloriの構成蛋白 / p5 (0010.jp2)
  6. 第二章 H.pyloriと消化性潰瘍及び、胃癌の関係 / p9 (0014.jp2)
  7. 第三章 H.pyIori感染診断法及び、除菌法 / p14 (0019.jp2)
  8. 第一節 H.pylori感染診断法 / p14 (0019.jp2)
  9. 第二節 H.pylori除菌法 / p17 (0022.jp2)
  10. 第四章 ウレアーゼ / p19 (0024.jp2)
  11. 第五章 本論文の目的 / p23 (0028.jp2)
  12. 本論 / p24 (0029.jp2)
  13. 第一章 ¹³C-NMRを用いたウレアーゼ阻害剤検索法の開発 / p25 (0030.jp2)
  14. 第一節 ウレアーゼ酵素反応の測定 / p25 (0030.jp2)
  15. 第二節 ウレアーゼ阻害剤検索法の開発 / p29 (0034.jp2)
  16. 第三節 ウレアーゼ阻害剤の阻害様式の解析 / p37 (0042.jp2)
  17. 第四節 pHによるウレアーゼ阻害剤の阻害活性への影響に対する解析 / p41 (0046.jp2)
  18. 第五節 結論 / p45 (0050.jp2)
  19. 第二章 1,2-Benzisothiazol-3(2H)-one(BIT)のウレアーゼ阻害及び抗H.pylori活性 / p46 (0051.jp2)
  20. 第一節 1,2-benzisothiazol-3(2H)-one(BIT) / p46 (0051.jp2)
  21. 第二節 BITのウレアーゼ阻害力の検討 / p48 (0053.jp2)
  22. 第三節 BITのH.pyloriウレアーゼに対する親和性の検討 / p51 (0056.jp2)
  23. 第四節 BITの抗H.pylori活性の検討 / p56 (0061.jp2)
  24. 第五節 結論 / p58 (0063.jp2)
  25. 第三章 1,2-Benzisothiazol-3(2H)-one(BIT)の構造活性相関 / p59 (0064.jp2)
  26. 第一節 BIT類 / p59 (0064.jp2)
  27. 第二節 BIT類の合成 / p62 (0067.jp2)
  28. 第三節 BIT構造活性相関 / p71 (0076.jp2)
  29. 第四節 結論 / p78 (0083.jp2)
  30. 第四章 総括 / p79 (0084.jp2)
  31. 実験項 / p80 (0085.jp2)
  32. 参考文献 / p128 (0133.jp2)
  33. 謝辞 / p134 (0139.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000189136
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000189419
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000353450
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ