帆装船舶の港内操船及び錨泊時の安全性向上に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 高岡, 俊輔 タカオカ, シュンスケ

書誌事項

タイトル

帆装船舶の港内操船及び錨泊時の安全性向上に関する研究

著者名

高岡, 俊輔

著者別名

タカオカ, シュンスケ

学位授与大学

神戸商船大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第3号

学位授与年月日

2000-03-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1-1 本研究の背景 / p1 (0005.jp2)
  4. 1-2 帆装船舶について / p2 (0006.jp2)
  5. 1-3 本研究の目的と概要 / p3 (0006.jp2)
  6. 第1章の参考文献 / p6 (0008.jp2)
  7. 第2章 帆装船舶の運航実体とその問題点 / p9 (0009.jp2)
  8. 2-1 概説 / p9 (0009.jp2)
  9. 2-2 帆装船舶の実態調査 / p9 (0009.jp2)
  10. 2-3 帆装船舶の実状と今後の展望 / p28 (0019.jp2)
  11. 第2章の参考文献 / p29 (0019.jp2)
  12. 第3章 帆装船舶利用の有効性の検証 / p30 (0020.jp2)
  13. 3-1 概説 / p30 (0020.jp2)
  14. 3-2 帆装船舶の日本海側航路適合性について / p31 (0020.jp2)
  15. 3-3 結語 / p45 (0027.jp2)
  16. 第3章の参考文献 / p47 (0028.jp2)
  17. 第6章 帆の自動制御による運動特性の検討 / p97 (0053.jp2)
  18. 6-1 概説 / p97 (0053.jp2)
  19. 6-2 使用した運動方程式 / p97 (0053.jp2)
  20. 6-3 計算に使用したモデル船と帆について / p99 (0054.jp2)
  21. 6-4 帆の自動制御の方法 / p100 (0055.jp2)
  22. 6-5 純帆走時の運動特性と評価 / p104 (0057.jp2)
  23. 6-6 機帆走時の運動特性と評価 / p119 (0064.jp2)
  24. 6-7 操帆操船支援システムの概要と提案 / p133 (0071.jp2)
  25. 6-8 結 語 / p135 (0072.jp2)
  26. 第6章の参考文献 / p137 (0073.jp2)
  27. 第7章 帆を利用した錨泊法の検討 / p138 (0074.jp2)
  28. 7-1 概説 / p138 (0074.jp2)
  29. 7-2 帆装船舶の錨泊シミュレータの開発 / p139 (0074.jp2)
  30. 7-3 帆の積極的利用による錨泊への効果 / p145 (0077.jp2)
  31. 7-4 結語 / p162 (0086.jp2)
  32. 第7章の参考文献 / p164 (0087.jp2)
  33. 第8章 結論 / p166 (0088.jp2)
  34. 謝辞 / p173 (0091.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000189155
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000189438
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000353469
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ