境界要素法を用いたエンクロージャ内-外連成音場の3次元解析とその制音に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 夏, 放鳴 カ, ホウメイ

書誌事項

タイトル

境界要素法を用いたエンクロージャ内-外連成音場の3次元解析とその制音に関する研究

著者名

夏, 放鳴

著者別名

カ, ホウメイ

学位授与大学

京都工芸繊維大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第177号

学位授与年月日

1998-11-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1 序論 / p3 (0004.jp2)
  3. 1.1 まえがき / p3 (0004.jp2)
  4. 1.2 既往の研究 / p3 (0004.jp2)
  5. 1.3 本研究の概要 / p5 (0005.jp2)
  6. 2 境界要素法によるエンクロージャの内部-外部空間連成系の3次元の音場解析 / p7 (0006.jp2)
  7. 2.1 緒言 / p7 (0006.jp2)
  8. 2.2 音場の基礎方程式 / p8 (0007.jp2)
  9. 2.3 境界要素法による定式化 / p9 (0007.jp2)
  10. 2.4 境界積分方程式の離散化 / p10 (0008.jp2)
  11. 2.5 解析モデルと数値解析解の収束性の検討 / p12 (0009.jp2)
  12. 2.6 本解析解の妥当性の検討 / p15 (0010.jp2)
  13. 2.7 エンクロージャ内部-外部空間連成系の3次元音場解析 / p17 (0011.jp2)
  14. 2.8 結言 / p26 (0016.jp2)
  15. 3 エンクロージャ内-外空間が連成しか音場のパッシブ制音 / p27 (0016.jp2)
  16. 3.1 緒言 / p27 (0016.jp2)
  17. 3.2 2次元境界積分方程式の離散化 / p28 (0017.jp2)
  18. 3.3 パッシブ制音システムを持つエンクロージャ内-外連成音場の数値解析的検討 / p30 (0018.jp2)
  19. 3.4 パッシブ制音システムを持つエンクロージャ内-外連成音場の実験的検討 / p37 (0021.jp2)
  20. 3.5 結言 / p41 (0023.jp2)
  21. 4 結論 / p43 (0024.jp2)
  22. 参考文献 / p45 (0025.jp2)
  23. 謝辞 / p47 (0026.jp2)
  24. A 3次元解析における座標変換ヤコビアンの導出 / p48 (0027.jp2)
  25. B 抵抗分岐管による管内脈動の防止の原理 / p53 (0029.jp2)
  26. C パッシブ制音システムを持つエンクロージャの解析モデルの共振モードの物理的解釈 / p55 (0030.jp2)
  27. D 本解析に用いた非適合要素とその内挿関数 / p57 (0031.jp2)
  28. E 解析プログラム / p60 (0033.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000189173
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000189456
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000353487
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ