バキュロウイルスを用いたカイコの形質転換系に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 山尾, 真史 ヤマオ, マサフミ

書誌事項

タイトル

バキュロウイルスを用いたカイコの形質転換系に関する研究

著者名

山尾, 真史

著者別名

ヤマオ, マサフミ

学位授与大学

京都工芸繊維大学

取得学位

博士 (学術)

学位授与番号

甲第184号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 第2章 Autographa californica nucleopolyhedrovirus(AcNPV)をべク夕ーに用いた力イコ個体への外来遺伝子の導入 / p7 (0011.jp2)
  4. 第1節 力イコ由来の培養細胞(BmN)及び力イコ個体でのAutographa californica nucleopolyhedrovirus(AcNPV)の増殖 / p8 (0012.jp2)
  5. 材料及び方法 / p8 (0012.jp2)
  6. 結果 / p11 (0015.jp2)
  7. 考察 / p17 (0021.jp2)
  8. 第2節 リコンビナントウイルスの接種によるカイコ(FO)及び次世代(F1)以降での外来遺伝子(ホタル-ルシフェラーゼ遺伝子)の発現と伝達 / p19 (0023.jp2)
  9. 材料及び方法 / p19 (0023.jp2)
  10. 結果 / p28 (0032.jp2)
  11. 考察 / p39 (0043.jp2)
  12. 第3節 世代間での外来遺伝子(ホタル-ルシフェラーゼ遺伝子)の発現 / p42 (0046.jp2)
  13. 材料及び方法 / p42 (0046.jp2)
  14. 結果 / p43 (0047.jp2)
  15. 考察 / p45 (0049.jp2)
  16. 第3章 カイコでの遺伝子ターゲティング―フィブロイン遺伝子プロモーターを用いた外来遺伝子の持続的かつ大量発現系の作出 / p47 (0051.jp2)
  17. 第1節 カイコフィブロインL鎖遺伝子へのクラブ由来の緑色蛍光タンパク質(green fluorescent protein,GFP)遺伝子のターゲッティング / p48 (0052.jp2)
  18. 材料及び方法 / p48 (0052.jp2)
  19. 結果 / p58 (0062.jp2)
  20. 考察 / p68 (0072.jp2)
  21. 第2節 遺伝子ターゲティングされたカイコでのGFP遺伝子の発現 / p71 (0075.jp2)
  22. 材料及び方法 / p71 (0075.jp2)
  23. 結果 / p73 (0077.jp2)
  24. 考察 / p77 (0081.jp2)
  25. 第4章 総合考察 / p80 (0084.jp2)
  26. 摘要 / p86 (0090.jp2)
  27. 謝辞 / p87 (0091.jp2)
  28. 引用文献 / p88 (0092.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000189180
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000189463
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000353494
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ