Utility of MRI in detecting obstacles to reduction in developmental dysplasia of the hip : comparison with two-directional arthrography and correlation with intraoperative findings 先天性股関節脱臼の整復障害因子判別におけるMRIの有用性 : 二方向関節造影との比較および術中所見との関連

この論文をさがす

著者

    • 青木, 清 アオキ, キヨシ

書誌事項

タイトル

Utility of MRI in detecting obstacles to reduction in developmental dysplasia of the hip : comparison with two-directional arthrography and correlation with intraoperative findings

タイトル別名

先天性股関節脱臼の整復障害因子判別におけるMRIの有用性 : 二方向関節造影との比較および術中所見との関連

著者名

青木, 清

著者別名

アオキ, キヨシ

学位授与大学

岡山大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第1996号

学位授与年月日

2000-03-25

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000189257
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000189540
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000353571
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ